差別について考えてみた

スポンサード リンク


 

『サピエンス全史』を読みながら階級や人種による差別について考えてみた。

 

アメリカで言うと、白人と黒人の差。

過去、白人が黒人を奴隷としていた理由には

・アフリカが近かった
・アフリカではすでに中東向けの奴隷貿易が発達していた
・蔓延していたマラリア等の疫病が元々アフリカのものであるため、アフリカ人には多少なりとも遺伝的な免疫があった

という3つの要因があったらしい。

免疫があるという遺伝的優越が奴隷にされた要因の一つとはなんとも皮肉なもんですね。

 

黒人の奴隷とそれを従える白人。

この差別を正当なものにするため、「アフリカ人はノアの息子ハムの子孫で、彼の息子は奴隷になるというノアの呪いを負わされている」という宗教的神話や、「黒人は白人に比べて知能が劣り、道徳感覚が発達していない」「黒人は不潔な暮らしをし、病気を広める穢れの源である」など、生物学的、医学的な作り話をでっち上げた。

これが長い年月をかけることで常識的に思えるヒエラルキーを作ってしまった。

 

たとえ作られた嘘であっても、皆が「事実」だと思い始めると現実のものになっていくのが怖いところ。

その差別は貧富の差を生み、奴隷解放後も貧しい黒人はまともな教育を受けられないことや、長年で染み付いた不潔なイメージが簡単には拭いされないことで良い仕事に就くことが難しく、その貧困は子の代へと続いていく。

「黒人は犯罪率が高い」という科学的な調査結果を持ち出す人もいるけど、それは貧困と教育レベルが関係しているからであり、黒人という人種そのものが劣っているわけではない。

何人だろうと、富かな者よりも、貧しい者が犯罪を犯す確率が上がるのは当たり前。

しかし、確かにデータ上では「黒人の犯罪率が高いこと」は間違いではないので、やはり黒人のイメージダウンと、そこからの差別的感情が発生するのはなかなか避けられないのが悲しいところ。

完全に負のスパイラルに陥ってるね。

 

これどうやったら改善されるのかなーと、少ない脳みそを使って考えてみたんだけど…

難しい。

できるできないを抜きにして考えて、例えば富を平等に再分配すればどうかと考えたけど、それだけじゃ絶対に変わらない。

子供の成長には確実に親の教育が関わってくるので、富だけを平等にしたところで、親の教育レベルに差があればお金や時間の使い方に差が出るので、確実に子供達にも差が生まれてくる。

「鳶が鷹を生む」こともあるだろうけど、もちろん稀だし、周りの見る目が差別のフィルターを通していたらやっぱり不利。

 

これを解消しようと思えば、生まれたばかりの子供を白人黒人すべて親から引きはがして、「人種差別」という概念が存在しない空間で同じ教育を受けさせて育てる。

こうすれば個々の能力差が出るとしても、「黒人は劣っている」という偏見がないことで人権的な平等が保たれ、黒人の目立った犯罪率も減少する。

これを差別のある外界と一切接触のないようにして、差別のある外界の人間が滅ぶまで続ければ…

(笑)

社会を1回リセットするレベル(笑)

ボクの脳ではこれぐらいのことしか思いつきません(笑)

リセット以外でこれほどの悪循環を根絶させるのは無理な気がするんだよなー。

存在しないモノを想像(創造)して社会を作る人間って凄いなと思う反面、一度思い込んだら中々抜け出せなくなる弱さを兼ね備えてるってなんか怖いね。

 

てか、そもそもなんで奴隷貿易ってものがあって、たやすく黒人を買えたんだろうと疑問に思った。

黒人だって強そうだから白人に立ち向かって、逆に支配とかもありえなかったのかなと。

武器とか文明の差?

とか思いながらちょっと調べてみたんですけど、どうやら奴隷として売られていたのは黒人同士の部族間抗争で負けた人たちらしいですね。

黒人同士で潰しあって、勝った方は負けた方を奴隷にして売っていたのか…

なんか…悲しいねぇ。

 

ちなみにこの差別問題、日本で言えば日本人と在日韓国人の関係のようなものかと思った。

「犯罪者を調べたら在日だった!」みたいなことをちょいちょい聞くんだけど、そこにも根元には貧困や差別って理由があるんじゃないかと。

外国籍の犯罪者を生み出すのは自分の差別意識が関係しているかもと思った方が良いね。

なんか犯罪があったら「あいつ在日じゃね?」とかいう人いるじゃないですか?

「犯罪者には在日が多いから在日は悪いやつらだ!」って決めつけるバカ大っ嫌いなんですよね。

国籍で一括りにするなと。

 

日本人っていくら日本国籍を持ってても、目が青かったり肌が黒かったりしたら「日本人」とは思わないですよね。

言語も特殊な島国の民族だから、同じ民族の血が流れていないと日本国民だと認めづらいのかな。

差別とはまたちょっと違うけど、無意識にこういう判別(?)はしてるよね。

正直、自分自身でもそう思う。

 

『サピエンス全史』マジで面白くてハマるんだけど、ボクの癖なのか、本読んでる最中に疑問が浮かんだりするとそのまま意識が本から離れて色々考えだすんですよね。

1時間ぐらいブラウザ開いて調べたり、ボーっと考えたりすることがザラにある。

だから全然先に進まない(笑)

でも結局考えたこと忘れちゃったりするんで、今回せっかくだから考えてたことを書き出してみました。

書いてて思うんだけど、俺やっぱり言葉にして書き表すのが下手(笑)

頭の中ではもうちょっと色々考えてると思うんだけど、うまく文章にして書き出せない(笑)

次々に疑問が出てきてガンガン逸れていくから最終的にまとまんない感じ。

サピエンス全史みたいに膨大な情報をまとめて読みやすく書ける人マジで尊敬するわ。

 

英語を学ぶならコチラの記事がオススメ!

英語を学ぶならコチラ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。