インドネシアのバンドゥンで寿司屋行ってきた

スポンサード リンク

ども!

観光で来るところではないなと判断したジャカルタを早々に出て、次の町バンドゥンに行ったボクです。

バンドゥンでも激安の宿に泊まったボク。

そんなボクのベッドはドラえもんでした。

img_20160922_233131とっても大好きドラえもんです。

 

バンドゥンは都会でもなく、田舎でもなくって感じ。

Hisilicon Balong

ジャカルタ、スラバヤに次ぐ第三の都市であり、西ジャワ州の州都だそうです。

そしてバンドゥン工科大学というアジアの名門大学を筆頭に、20以上の大学が集まる学園都市としても有名だそうな。

 

フラフラ歩き回ってたら、ゆるキャラみたいなの発見。

アナ雪かと思ったけど違うよね?

img_20160923_112135

普通に歩いてるニワトリも発見

img_20160923_132402

なんか見覚えのある後ろ姿も発見

img_20160923_100703

謎の食べ物発見。

img_20160923_102709img_20160923_102727まぁ味は想像通りでした(笑)

屋台で売ってるおじいちゃんに「ひとつちょうだい」ってインドネシア語で言ったら「わが人生初、異国の者に話しかけられたぞ…」的な顔しながら無言で売ってくれた。

Rp.5000(約40円)

 

こちらは卵焼きみたいなのと、練り物の団子みたいなの。

img_20160923_111838

高校生ぐらいのおにーちゃんが売ってて、団子の方買ったら「これもあげるよ!」って卵のやつもくれた。

やさしー

1本Rp.1000(約8円)

 

実はバンドゥンに来る前にもHelloTalkで日本語を勉強中のバンドゥンの大学生と友達になっており、さっそく彼女に会いに行きました。

カフェで彼女とその友達と合流。

Macbookや、なんかの資料みたいなの広げてるなーと思ったら、どうやら彼女らは例の名門バンドゥン工科大学の学生さんらしい。

超頭いいんだろなー。

彼女の友達に「キミはどこの大学出たの?」って聞かれたんで、「あ、俺高卒だよ(^ν^)」って言ったら一瞬時が止まった気がした(笑)

ちなみにインドネシアでは既婚未婚、職業や収入など結構突っ込んだところを自己紹介の時に当たり前のように聞く文化らしいです。

 

彼女の友達とは別れ、彼女と二人で晩御飯を食べに行くことに。

行ったのは、インドネシアで一番有名な寿司屋『Sushi Tei』。

見てくださいこの内装。

img_20160922_211908すげー清潔感溢れる高級店って感じ。

実際、お値段も日本の回転寿司よりもお高め。

安いものでも一皿300円ぐらいとかじゃなかったかな?

インドネシアでこの価格はなかなか高いね。

 

おっしゃれーなドリンクに、ちょっと変わった寿司(ソフトシェルクラブ寿司だったかな?)

img_20160922_211142 img_20160922_210451

そしてラーメン(麻婆豆腐ラーメンとえび味噌ラーメンだったかな?)

img_20160922_211640img_20160922_212321高いだけあってウマイ。

エビ味噌ラーメン(?)めちゃめちゃうまかった。

寿司屋に来て食べた寿司が変わり種の一皿のみ(笑)

 

帰り際、昨晩はほぼ徹夜で課題をしてたとかで「眠い」という彼女。

「じゃあ一緒に寝る?」って言ったら

ものすごい勢いで頭を左右に振りながら

Nooooooooooooo

って言われた(笑)

じょ…冗談ですよ!(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。