電車でジャカルタからバンドゥンへ!

スポンサード リンク

はいどうも。

ジャカルタに魅力を見出せなかったボクです(笑)

ジャカルタで友達と!



 

そう言えば、普段徒歩で移動するボクですが、友達と会うときに待ち合わせ時間に間に合いそうになかったので、バイクタクシーのOjek(オジェッ)を使ってみました。

大体歩いてたらおっちゃんが「トランスポート?バイク?オジェッ?」とか声かけてくるので、行先告げて値段交渉して乗せてもらう感じですね。

英語はあんまり伝わらないけど、目的地の名前連呼&GoogleMapを見せることで伝わったっぽい。

周りのおっちゃん達に道を聞いてたけど(笑)

インドネシア人のタクシーやバイクタクシーのドライバーはマジで道を知らないことが多いです(笑)

明らかに倍ぐらいの値段を吹っ掛けられてる感じだったけど、それでも安いし急いでたのでOKしました。

周りのおっちゃん達にひっそりと「やったぜ!」みたいな自慢してた(笑)

 

儲かってウキウキのおっちゃんの後ろに乗って出発したんですが、

ホンットに道を知らないおっちゃん(笑)

信号待ちのたびに横の人に道を聞いてた(笑)

まぁこういうもんなんだろうと。無事に着けばいいかと。

思ってたら…

 

全然違う場所に着いたwwwwww

 

有名なモールに行く予定だったのに、なんか国会議事堂みたいなとこに着いてるwww

こんなとこに用があるわけねーだろwww

警備員のおっちゃんも「誰?」ってなってるやんwww

英語が通じる警備員のおっちゃんの力を借りて、目的地を再確認(笑)

最終的には無事たどり着きました(笑)

たぶん名前も似てなかったと思うんだけど、おっちゃんどうやって間違えたんだろう(笑)

 

ちなみに待ち合わせ時間ジャストぐらいに着いたんだけど、友達は30分ぐらい遅れてきました(笑)

ここインドネシアだもんね(笑)

日本以外でしっかり時間を守る国はあるのだろうか?(笑)

 

ある意味それも面白い体験だったんだけど、やっぱり長期滞在する魅力はジャカルタには無いなと思い、結局4日目で次の街に移動することに。

次の目的地はBandung。

『バンドン』って表記をよく見るけど、ボクは『バンドゥン』って言いたい。

ジャカルタから南東に160kmぐらい行ったところかな。

電車で行くことに。

電車で行けるってのもジャカルタの友達が教えてくれました。

ホント助かる。

 

ジャカルタからバンドゥンに行くには、Gambir駅から電車に乗れば直行で行けます。

こちらのサイトで時刻表は確認できますが、チケットは駅で買うことになると思います。

%e7%84%a1%e9%a1%8c3

 

 

 

こんな感じで入力してTampilkanをクリック。

%e7%84%a1%e9%a1%8c4

するとこんな感じで時刻表が出ます。

%e7%84%a1%e9%a1%8c5

Eksekutifシートは広くてエアコン付き。

Ekonomiシートは狭くてたしかエアコンも無かったんじゃないかな?

Habis は売り切れって意味です。

 

ガンビル駅はこちら



実はガンビルバスターミナルってのもあるんですが、友達に聞いたら「電車もバスも同じとこから出るよ」って聞いてたんで、ボクGoogleMapを見ながらバスターミナルまで歩いて行ってたんですよ。

余裕持って出発したから、声かけてくるOjekも断りつつ歩いて向かってた

…んですが…

なんかオカシイ。

駅が見当たらない…

近くの警備員に聞くと、「駅は別のとこにあるよ」とのこと。

 

彼間違ってるやん!!(笑)

 

時間が迫ってきて焦るボク。

バックパック背負ったままダッシュで駅に向かう。

途中で女の子に英語で道聞いたら「No, No, No…」って凄い顔で拒否られて傷つくハート。

おっちゃんたちは英語はできないけど、身振り手振りで道を教えてくれた。

なんか日本に来る外国人の気持ちがわかった気がした。

オーストラリアでベルギー人の友達が、「日本に行ったとき、道を尋ねても誰も英語を喋れなくて、すごい顔でNoって言いながら逃げていくからマジで困ったよ」って言ってたんだよね(笑)

ほんと英語喋れなくてもいいから、目的地だけ聞いて、右とか左とか身振り手振りするだけでもまだ助けになるから、できるだけ避けるのはやめてあげてほしいなと思うね。

 

結局、完全に目的の電車に乗り遅れたボク(笑)

でも、もしかしたら予定通り着いてても電車に間に合わなかったかもしれない。

チケット売り場がめっちゃ混んでたんですよ。

ホームへの行き方とかもわかんなくて手間取ったしね。

行くなら電車が出る時間の1時間前には着くように行ったほうが良いかも。

 

ここがチケットを買う窓口。LOKETって書いてます。img_20160922_131924

Bandungまで行きたいって言ったら座席のレベルを聞かれたり、パスポート出せって言われます。

パスポート出したら「わお!きみ日本人か!」みたいなこと言われた(笑)

珍しいのだろうか(笑)

 

で、金払って発行してもらったチケットに確かバーコードがついてるんで、それをこちらの機械でスキャンさせてチェックイン。

img_20160922_131934

英語表記あったかな?

たぶん無くても簡単なので感覚で分かります(笑)

 

で、写真撮り忘れたけど、チェックインしたらメインのチケットが出てくるんで、それをなんか階段の前にある改札っぽいとこにいる駅員にパスポートと一緒に見せればホームに進めます。

 

駅を間違えたせいで2時間半後の電車になったけど、無事乗車できました(笑)

せっかくなので、一番高いEksekutifシートにしてみました。

img_20160922_150942こんな感じ。

前には映画が流れるテレビも。

img_20160922_151411

前の座席との距離は広く、ゆったりできます。

どうですかこのトラ柄の足。このサンダルを履き続けてたらトラ柄に日焼けしました。未だにまだうっすら残ってます。

img_20160922_151405

ちなみにこのサンダル、オーストラリアに行く前に購入し、そこから10ヶ月間ずーっと愛用してます。

靴は持たず、このサンダルだけ。

サンダルっていうか穴の開いた靴みたいなもんで、めちゃめちゃ歩きやすいんですよ。

つま先がカバーされてるのがポイント。

濡れても乾きやすいし。

かなり歩きまわるボクみたいなバックパッカーにはマジでオススメ。

そんな感じでジャカルタ編は終わり!

ジャカルタは本当に特に書くことがない…(笑)

JKT48とか好きな人はなんかそういう系の楽しみ方もあるのかな?

まぁインドネシアの首都を見れたってのは良かったかな。

あと友達と会えたことね!

オススメはしませんが、みなさんもジャカルタへ行ってみてはどうでしょうか(笑)
 




 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。