宿泊費一泊500円 in バリ島

スポンサード リンク

ども!

バリ島滞在中何度もインドネシア人に間違われたボクです!

 

オーストラリアで焼けて色黒だったこと以外にも間違われた理由があるんじゃないかと、結構終盤で気づきました。

それが

服装!

やっぱりね、他の日本人見てたらちょっとオシャレなんですよね。

で、だいたいみんな夫婦とか複数で来て一緒に歩いてるわけじゃないですか。

ボクはと言えばバリで買ったサイズのデカイ短パンとタンクトップ、腰には買ってすぐちぎれたベルトを安全ピンで止めたウエストポーチという姿で1人でフラフラしてました。

まぁなんか違うよね(笑)

インドネシア人からインドネシア人に間違えられるレベルだからね。

 

他の日本人はバカンスだとかハネムーンだとかで来てオシャレなホテルに泊まったりしてるんでしょうけど、ボクは格安のドミトリーですよ。

3段ベッドが4つ並んだ12人部屋とかね。

3段ベッドとか初めて見たわ。

ちなみにそこBedbunkers Hostels 2ってとこなんですけど、たぶん合計でバリ滞在中の半分、15日間ぐらい泊まってました。

とにかく安いから(笑)

一泊500円ぐらいでしたよ。

でもって、立地が結構良い。



Discovery Shopping Mall の近くです。

すぐクーラーのきいたモール内に避難できます(笑)

しかもモール内を突っ切ればすぐに海。

ここで夕日を見てボーっとしてました。

にぎやかな通りで、コンビニやATM、両替所、レストランなんかもいっぱいあります。

 

トイレもモールのトイレは綺麗なんで便利。

バッドバンカーズのトイレは汚いとは言わないけど、謎にちゃんとしたドア外してべニア板でドアを作るという改悪リフォームをしてます(笑)

上下開いていて、上は外から見える高さではないけど、足元はバッチリ見えますのでちょっと落ち着きません(笑)

ちなみにシャワーも同じリフォームされてます(笑)

 

ベッドバンカーズのスタッフもみんなフレンドリーでよかった。

オカマちゃんとか(笑)

巨漢で裏声のオカマちゃんのキャラが濃すぎて…(笑)

一回受付で顔合わせて数日滞在して、一度出て行って、また数日後にベッドバンカーズに戻ってきた時に

「ヤマベ~♡ あなた戻ってきたのね~♪」

って言われてちょっとビビった(笑)

なんで名前まで覚えてるんだ…(笑)

 

可愛い女の子のスタッフさんもいたんですよねー。

オカマちゃんだけでなく彼女とも仲良くなりたかった…(笑)

 

複数人部屋だから、なんかドリアン臭いおっさんとか、クラブ帰りにまだテンション高くて深夜に騒いでるニーチャンたちとかもいて居心地悪かったりもしたけど、隣のベッドにいたタイ人と友達になるという良い出会いもあった。

 

貴重品保管用のロッカーもあるし、トータルで考えてもやっぱりボクはベッドバンカーズ好きですねー。

ボクのようなバックパッカーで、できるだけ滞在費を安く抑えたいならオススメですよ!

 

約一ヶ月のバリ島滞在は半分観光、半分ダラダラって感じでした。

ボク的には観光よりも現地に溶け込んでみる方が楽しいです。

観光地巡りしてても、その土地のリアルな部分を感じられない気がして。

入りづらいとこはありますけど、ローカルな屋台の料理とか美味しいですよ!

危ないとかって言いますけど、ローカルに行きまくったボクはお腹壊してませんしね。

たぶん(笑) 若干ゆるくなった時もあったかな?…(笑)

まぁ正露丸持って行っといたら大丈夫ですよ!(笑)

持ってなかったけど(笑)

 

バリ島は日本人が結構行くから、日本語喋れる人は結構います。

ただ、やっぱり日本語堪能でフレンドリーな現地人とかは気を付けたほうが良いです。

日本人をカモにしてる詐欺師とかもいますんで。

もちろん良い人もいるんですけどね。

 

気をつけろとは言いましたが、「あ!日本語!ムシムシ!」みたいなのはちょっと違うかなと。

歩いてたら物売りの人たちめっちゃ声かけてくるんですよ。それこそ「コンニチハー!ニホンジン?」とか。

まぁ鬱陶しいってのは分かるんだけど、挨拶ぐらいは返すべきかなと。

挨拶されてシカトってのはやっぱりちょっとね。

日本人って挨拶シカトする人が多いらしいです。

挨拶されたら笑顔で返すぐらいはしたいなと個人的に思いますね。

ボクは、歩いてたら声かけてきたおっちゃんと仲良くなって、一緒に店先に座って酒を飲んで談笑したりしてました(笑)

ここまで突っ込むのはあまりオススメはしません(笑)

 

ボクのバリ島滞在記はこんな感じ!

バリ超オススメですよ!

ぜひまた行きたい!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。