バリ島のトイレでシャアを倒した話



Sanur

バリ島のクタとウブドの中間にある静かなビーチリゾートとして欧米人に人気のリゾートエリア。

このサヌールで

ボクがバリに来てからずっと避けてきたものに挑戦することにしました…

いずれは正面から戦うべきだとは思っていたんですよ。

いつまでも逃げてはいられない。

オイは強か九州男児バイ!!

※ボクあんま方言出ないタイプです。

 

さぁ

その戦う相手とは…

 

コイツだ!!

 

img_20160828_145259 img_20160828_144820

この便器にくっついたシャワーみたいなの

何かと言いますと、まぁ想像つくと思いますが、インドネシアでは用を足した後はコイツでケツを洗うわけです。

キレイなモールの中にあるトイレにはトイレットペーパー置いてあったりするんですけど、やっぱりこのシャワーだけのところも多いです。

これはまだマシな方で、シャワーもなくて、蛇口、バケツ、手桶のトリオがいるトイレもあります。

 

日本で育ってきたボクもやっぱり「紙なし」というのは抵抗があり、常に水に流せるポケットティッシュやトイレットペーパーを持ち歩いてました。

が、

まぁいつまでも逃げていられないし、これもいい経験だなーと思ってチャレンジすることに。

っていうかですね

ボクこの張り紙を見たときに「あ、トイレットペーパー流したらダメなんだ」って思ったわけです。

でもよく見てみるとね

img_20160828_145330

トイレットペーパーは使っていいって書いてあるやん(笑)

今気づいた(笑)

まぁその時のボクはもう戦う気満々だったので敵以外見えてませんでした(笑)

 

とりあえずシャワーはどれほどの威力なのか確かめてみることに。

排水溝に狙いを定めて…

img_20160828_144857

FIRE!!

img_20160828_144901

おおおお!!

なかなかの水圧です!!

コイツぁ…

 

イケる気がする!!

 

ハンディタイプのウォシュレットだと思えばいいんですよ!

 

用を足し…

 

いざ!!

 

どの角度から狙えばいいのか、この角度であっているのか、的を直視できないので自分の感覚だけが頼りです。

脳内で作り上げた仮想空間に浮かぶ的に対し、X、Y、Z軸を計算し、跳ね返りなども想定しながら現実世界のシャワーを持つ右手に反映させる。

気分はアムロです。

メインカメラを失いつつも上空に浮かぶジオングの頭を狙うラストシューティングです。

1204753.indd

いくぞ!!シャア!!

 

意を決してビームライフルシャワーのトリガーを握るボク。

その瞬間

見事ボクのジオングヘッドに命中するウォータービーム。

 

イケる。

これならジオングを、シャアを倒せる!

 

いや、まて…!

 

本当にこのビームだけで完全に倒すことはできるのだろうか…

もしかしたらジオン軍の残党が残るのではないか…

シャアだって「クワトロ」と名前を変え再登場する可能性もあるし、サザビーに乗って暴れるかもしれない…

そうなればボクのパンツの中はガトーに核を落とされたソロモンも同然。

それは何としても回避しなければ…

 

どうしたらいい…

 

どうしたらいいんだ…

 

はッ!!!!

 

ここでボクは思い出した。

インドネシアで左手は『不浄』とされるということを…

そうか…

そういうことだったのか…

ここで完全にシャアの息の根を止めるためには

 

ゴッドフィンガーを使うしかない!!!!

 

気分はもうシャッフル同盟のキングオブハート、ドモン・カッシュ。

 

いくぞ!!

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

俺のこの手が真っ赤に燃える!!

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-2

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

勝利をつかめと轟き叫ぶ!!

images

ばぁぁぁぁぁぁぁくねつ!!

ゴッドォォォ

フィンガァァァァァァァァァ!!!!7409

※実際は左手使ってます

ヒィィィト エンド!!!

 

無事、シャアを完全にぶち殺しました。



右手で水をかけながら左手でケツを洗うっていうのは何とも言い難い心境ですね。

まぁ一回やっちゃえばもう慣れたもんです。

ちなみに濡れたケツの取り扱いに困り、ググったところ、「濡れたままパンツをはく」という意見がありましたので、もうそのままいってやりました。

なんでも慣れれば平気。

なんでも経験して進化していくんですよ。

ニュータイプになれた気がした一日でした。