帰国しました

スポンサード リンク


ども!

結局インドネシア滞在中は一度もブログを更新しなかったボクです!(笑)

今後思い出しながら少しは滞在中のことを書こうかなーと思ったり思わなかったり。

 

とりあえずそんなこんなで帰国しました!

家庭の事情といいますかなんと言いますか、まぁあんま大したことないんですけど、帰国するべきかなーと思うようなことがありまして、11月末の帰国予定を変更して早めの帰国となりました。

まー、これがね

実家に帰ってみると本当に大したことなかったというね(笑)

まぁ大したことなかったのはイイことなんですけども、だったらもうちょっと海外にいたかったなーって思ったり…(笑)

 

約10ヶ月ぶりの日本はというと、

まー

なんと言いますか

 

 

つまんね。

 

 

って感じ(笑)

日本人だらけ、日本語だらけってスッゲー違和感と共に、刺激がなくてなんか退屈に感じる。

英語を忘れそうで怖いですねー

友達に会ったり、懐かしいものを見たりと楽しいこともあるんですけどね。

 

そうそう、久々に大阪で昔の会社の同期と再会してきたんです。

1人は会うのが6年ぶり。

もうそんなになるのかー。

同じ会社に7年以上勤めてるのってすごいなーと思いますね。

ボクはムリです(笑)

 

同期に聞いたんですが、当時の上司が「期間工からならやり直せるぞ」ってボクに言ってくれてたそうです。

まぁボクのことを気にかけてくれているんだろうし、ありがたいことなんですが、お断りします(笑)

今でもあの会社はとてもしっかりした良い会社だったなとは思いますが、ボクの求めるものはあそこにはないので。

その上司は昔ながらの日本男児って感じの方なんですが、おそらく「定職に就いて、家庭を持ち、家を建てるのが幸せであり、男はそうあるべき」という考えの持ち主。

わかります。

それが昔からの、大多数の日本人が求める幸せ像ではあるはず。

が、それだけが幸せの形だとは思ってません。

少なくともボクはそこに人生の多くの時間を割くほどの魅力を感じていません。

 

・安定した職
・妻子を持つ
・車を買う
・家を買う

世間体を気にするならコレ重要な要素でしょうね。

だけど気にしなければどうでもいいことでもある。

少なくとも今のボクにとっては重要度が低いこと。

いろんな国に行ってみたい。
世界を見たい。

それは定職に就いて家庭を持ってからではやりづらい。できるだけ若いうちにやったほうがいいことだと思う。

だからボクは今そうしている。

それだけ。

やりたいことはやっておく。

後悔しないため。

てかもう後悔どうこうって考えてない。

やりたい ≒ やる

って感じ。

 

どうです?

なんか今ボクかっこよくないですか?

リュージさんの生き方カッケェェエェェェ!!

みたいな。

たまに大学生ぐらいの子には憧れられるんですよ。

ちなみに今そこそこドヤ顔ってます。

 

まぁあれですわ

なんやかんや言いながら仕事見つかんなくてヤバかったら

元上司のもとに行って土下座しながら

 

 

「仕事をクダサイ!!!!」

 

 

って泣き叫ぶだけです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。