ブログを読み返して成長を実感した

 

昨日ブログが消滅しかけるというトラブルが発生し、その復旧作業に悪戦苦闘(笑)

とりあえず復旧してよかったよ…

結局アップグレードしたものをもう一度ダウングレードさせて復活させたんだけど、もうアップデートが怖くてできません(笑)

とりあえずこれからはバックアップを取るようにします(笑)

 

今日も休みをもらったので、この時間を利用してブログをちょっと改造。

記事にタグつけて、タグごとに一覧を表示できるようにしました。

最初の記事からからタグ付けるのに相当苦労した…(笑)

パソコンで見ている方は右のサイドバーに、スマホで見ている方は下の方にタグ一覧が表示されていると思います。

とりあえずつけたのは

英語
スペイン語
フィリピン留学
オーストラリアワーホリ
未分類

のタグ。

英語やフィリピン留学について調べているうちにこのブログにたどり着いた人が目当ての記事を見つけやすいように、そして自分自身が見返しやすいようにするためにタグ一覧を作りました。

これは結構便利。

ただ、このタグ付け結構大雑把に付けているので、あんまり関係ないような記事も含まれてます(笑)

いずれこのタグ一覧に「カナダ」とか「メキシコ」とかいろんな国を増やして行きたいね。

ブログが消滅しなければ(笑)

 

このブログはちょいちょい改造しているため、以前書いた記事の表示が若干おかしくなってたりしてたのを放置したままだったんだけど、この際なんで全部修正しました。

これがめんどくさかった…(笑)

修正しながら読み返してみると、いいこと書いてるなーってのもあったけど、今見るとなかなか恥ずかしいこと書いてるのも結構あった(笑)

今とはちょっと考えが違ってたりね。

まぁそれだけ成長したんだってことで(笑)

トップページに書いているように、このブログはボク自身の成長を記録するためのものでもありますので。

最近は自己啓発オタク色が薄れてきたかなと思います(笑)

最初の方はちょっとアクが強いね(笑)

 

今でも自己啓発系のこと書いたりしてるけど、自分自身以前のものとはちょっと毛色が変わってきてるように思う。

「成功者」とか言わなくなったし(笑)

何かを変えようと自己啓発を始める人って大体ただのポジティブなだけだったり、受け売りの成功法則とかを喋ってるだけの人になってたりするように感じる。

そのポジティブも実はただの現実逃避だったりね。

今考えてみれば自分もそうだったと思うし。

一言で言うとちょっとイタイ感じ(笑)

ただ、「その状態から次はどうなるのか」が重要なんじゃないかなと。

たぶんだけど、そういう人の多くはずーっとそのまま現実逃避ポジティブで居続けることで、大きな変化はない。もしくは、それに疲れて元の状態に戻る or 以前より落ちる。

そうではない一部の人は、その状態から一皮むけて前進する。

たぶんコレあながち間違ってないと思う。

 

ボク自身は一皮むけたと思ってます。

なんて言うのかなー

ココはうまく説明できないんだよなー

強いて言うなら、

本当に自分が望む道に気づいて、ただそれを楽しんで突き進むようになるかどうか。

かな?

自己啓発系の人に多いと思うんだけど、知らずと「成功者像」ってのを埋め込まれていて、それを目指さなければならないと思い込んでしまっていることがある。

まさにボクはこれだったかなと。

「経営者」「お金持ち」みたいなね。

 

確かに今でもモチロンお金はあったほうがいいし、それを目指そうとは思う。

ただ、それは実はボクの中では重要度がだいぶ低いことに気づいた。

「お金を稼ぐためにビジネスをしよう」って考えは今現在ほとんどない。

以前は「アフィリエイトで不労所得」とかを目指している部分もあったし、今もアフィリリンクをブログに貼ったりはしているんだけど、ぶっちゃけそれで儲かろうが儲かるまいが今はどっちでもいい。

それで儲けようと思ったらやっぱり本気で力注ぐ必要があるだろうけど、それで儲けることにそこまでの労力をかける程の魅力がない。

「アフィリの不労所得」よりも「お寺で肉体労働」の方が魅力的。

それは、「お寺で働くこと」自体に魅力があるから。

「アフィリをやること」自体には魅力がないんですよ。

仏教に興味がありますし、ここで仕事していたら「出会い」が多いんですよ。

この「出会い」がボクの中ではかなりデカい。

お寺ってなんか変な人ばっかりなんですよね(笑)

お客さんは外人さんも多いから、新鮮な出会いに感じるし、異文化を持つ人と接するのは楽しい。

「自己啓発系の人達とつるむことで基準を上げる」とかありますけど、正直もうそこにそれほど興味がない(笑)

それこそ、そんなことをしなくても基準は高く、常に自分の道を歩いているからなのかもしれない。

 

フィリピンで出会った人(日本人)とかって、その時点で行動力ある人なわけですよね。

わざわざ海外まで来てるぐらいだし。

そういう人ってやっぱり「成功法則どうこう」とかじゃなくて、「来たいから来てる」わけで、自分の人生を楽しんでるのがわかる。

やっぱりそうやって生きている人は面白い経験がある人だったりするし。

「みんな!成功するぞ!イェイ!」みたいな人たちより、「楽しー。あ、今度あそこ行ってコレやろう。」みたいな人といた方が楽しい(笑)

モチロン自己啓発系の人たちの中には本当にすごい人もいて、一緒にいたら勉強になるんだろうけど、今のボクはそれを求めていないわけ。

ボクの「成功」は楽しむことですから。

それが本気でわかった感じ。

 

不労所得のシステムを作ってしまえば、自由に海外にいけるかもしれない。

だけど、それ自体に興味のない不労所得のシステムを作るために時間と労力を費やすぐらいなら、興味のあるお寺でバリバリ働いてお金を貯めて、夢の海外に行く方がいい。

その方が夢へのプロセスまでもが楽しめるからね。

 

ある高額成功哲学セミナーの講師が、「夢は海外に行くことです」って言った参加者に向かって、「じゃあなんであなたは今ここにいるの?その参加費を使って海外に行けばいいのに」って言ったんです。

これなんですよね。

行きたかったらまっすぐ行けばいいんですよ。

「成功してもっとお金を稼いでから~」とか思ったんでしょうけど、それは結局夢の実現を遠回しにしているだけ。

これ初めて聞いたときも「確かに(笑)」って思ったんですけど、今はその核の部分まで理解した感じ。

「確かに(笑)」って思いつつも理解できてなかったから遠回りしてたんだと思うし(笑)

 

いつ死ぬかわからないわけですよ。

だったら夢の実現を、楽しむことを最優先にした方がいいなと。

ボクの場合、重要なのは「自由に海外に行けるだけの資産を作ってから海外に行くこと」ではなく「とにかく海外に行くこと」なわけです(笑)

そして「海外に行く」までのプロセスも楽しむことなんです。

ボクが目指す「成功者」ってのはお金を持ってる人でも凄い肩書きのある人でもなかった。

「色んな世界を見て、経験して、死ぬまで常に楽しむ人」

それがボクの中の真の「成功者」だとわかった。

 

ボクね、たぶん死ぬまで幸福に満ちた人生を送れる気がするんですよ。

モチロンこの先悪いことだっていっぱい起こると思うんだけど、なんかそういうのとはレベルが違うというかなんというか…

何があってもすぐに幸福感を取り戻せるような人間になってると思うんだよね。

これはもうボクの芯の部分がそうなってるから。

 

今回自己啓発系の人を批判してるように感じること書いてますけど、そうではない。

ボクの経験からして、そういう自己啓発にハマる期間っていうのもかなり重要な要素だと思うから。

その期間を経験したあとだからこそ今の一皮むけた自分があると思えますし。

そう考えると、洗脳みたいな高額自己啓発セミナーとかもやっぱりかなりイイものだと思う。

得られるものはやっぱり最高のものなんですよ。

そこで得たものがなければ今のボクは絶対にないと思いますし。

 

「行動」ができない人はまず自己啓発にハマってみてはいかが?(笑)

長くなってしまったなー(笑)

3300文字(笑)

最後までお読みいただきありがとうございます(笑)

 


ブログを読み返して成長を実感した” への1件のコメント

  1. すごくいい気づきでしたね。たまたま過去を思い出して「自己啓発 間違い」でググって見つけたブログですが、私も人生で似たような道を通っているので、共感しました。
    音楽をずっとしたいから、自分の時間がほしい人だから、組織が苦手だから、「自由に生きて好きなことができる」方法として自己啓発にはまったりしましたが、それでメンタルも体もぼろぼろになりましたね。本当の自分を見失ったからです。
    それなら、人にいっぱい相談して、こんなのやりたくて集団で働いている自分が見えないんですけど、と作り上げずに相談したり、
    壮大な成功者計画を立てずに「すごくシンプルな生活でいいから、とにかく余裕を持って好きなことちょっとずつやってみよう」とか・・・
    そう思えたらよかったのになと思っちゃいますが、
    おっしゃる通り、そう思えなかったことにも価値があるでしょうね。
    長くなってしまいすみません。面白い記事をありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。