勤行に参加した

 

毎朝6時から1時間ほどお坊さんは勤行(ごんぎょう)を行います。

仏前で読経や回向(死者の冥福を祈る)をすることを「お勤め」や「勤行」と言うそうです。

朝の勤行なので「朝勤(あさごん)」とも。

ボクが働いているお寺は宿坊でもあるので、宿泊されたお客様が参加することもできるんです。

で、

今日の15時まで休みをもらっているので、ボクも朝勤に参加してきました。

 

初めて本堂の中に入りましたが、入った瞬間驚きました。

シーンと静まり返った暗い本堂の中にぼんやりとした明かりを放つロウソクや灯篭があり、奥には綺麗な仏壇。

なんだか異次元のような感じ。

 

お坊さんの読経は聞いてて眠くなる…(笑)

読経って上手ければ上手いほど聞いてて眠くなるものらしいです(笑)

お坊さんが言ってることを覚えて一緒に口ずさんでいれば眠気なくなるかな?(笑)

不動明王真言や光明真言は分かったんですが、大半は分からなかった。

せっかくだから全部覚えたいなー。

また参加しよう。

 

こういう体験ができるだろうと思ってここで働くことを希望したんですが、正解でしたね。

リゾートバイトといえば海辺のホテルとかのイメージで、それも楽しそうですが、こういう珍しい体験ができるところも素晴らしい。

働くキッカケは「来年オーストラリアに行く資金を貯めるため」ですが、そのためにやる仕事はなんでもイイわけじゃない。

お金を稼ぐための仕事であろうと、自分にとってプラスになることを重視する。

「面白そう」と思えることをやる。

だからずっと楽しく生きられる。

 

が、

さっき上司に冬の仕事のツラさを聞いてしまった…(笑)

高野山は標高が高いから特に寒く、雪も積もる。

雪かきをしても時間が経つと、また積もるからまた雪かき。

お客さんも少ないので、毎日雑巾がけ。

もちろんバケツには水を汲んでね…(笑)

水拭きはヤバそうだなー…(笑)

ボク末端冷え性なんでただでさえ冬場は手足が痛いんですよねー…

ただ、

限度超えちゃったりすると、それを「修行だ!」って思うことで気合が入ったりはする(笑)

どうだろなー…

不安ではあるが、ある意味楽しみではある(笑)

ここで働くのは11月末までの予定だけど、もしかしたら1月末ぐらいまで延長するかもしれないから、そうなると雪と戦うことにもなるだろう(笑)

楽しもう!(笑)

 

ちなみに昨日「お寺の修行といえば…」というべき廊下の雑巾がけをやりました。

お坊さんにやり方を指導してもらってやったんですが、まぁシンドイ(笑)

息が上がるね(笑)

廊下長いし…(笑)

ボクが必死にやってるのを見てお坊さんが「いいねー(笑)」って笑ってた(笑)

「まぁモップでもいいんやけどな。でもモップではこのツヤは出ぇへんねん」って言われて、改めて廊下見たら確かにワックスをかけたぐらいツヤッツヤ。

「長ーーーいこと雑巾がけせなこうはならん」って言われて、なんだかこのお寺の歴史を感じた。

その歴史ある廊下を今自分が磨いてるんだと思うとなんだか嬉しくもありました。

雑巾がけでこんなこと思うのは初めてだなぁ。

良い経験させてもらってます。
 
 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。