2日で英単語50個覚えてみた

 

昨日の続き。

「まずは単語から」ということで、関先生の『1ヶ月で1000語覚える方法』をちょっとレベルを落として改変し、50語を朝・昼・晩やって2日で覚えてみることに。

2日経過したので、今日はその結果発表を(笑)

 

まず、使ったのは関先生の著書『世界一わかりやすい TOEICテストの英単語』。


TOEICを受けるかどうかは分かりませんが、単語を覚えるコツ等も記載されているようでしたので、これを買いました。

コツっていうのは例えば

 

pedestrian 歩行者

ped → 「足」を意味する
例)pedicule(ペディキュア),pedal(ペダル)

-ian → 「人」を意味する

例)musician(ミュージシャン),magician(マジシャン)

よって「足を使って歩く人」→「歩行者」

 

みたいな。

こういうスペルから覚える方法以外にも、単語の核心となる意味を理解することで覚えやすくなる方法とかを知ることができます。

 

今回はこの単語帳のNo.1~No.50までを2日で覚えることにチャレンジ。

もう結果を言っちゃうとですね…

 

ほぼほぼ完璧

 

ではないかと。

ほぼ単語を見た瞬間に意味が思い出せるようになった。

唯一 previously と provisionally がパッと見似てるから一瞬混乱するぐらい(笑)

と言っても意味が思い出せないわけでは無いので大丈夫かなと。

てかもうなんなら4回目ぐらいでほぼ覚えてた気がする(笑)

上に書いたように、この本にある解説文のおかげでメチャメチャ覚えやすい(笑)

「世界一わかりやすい」の名は伊達じゃないね(笑)

スポンサード リンク


ちなみにもう次の50語を覚えてるところです。

今日の夜で6回目だけど問題なく覚えられそう。

これ確実にこの本がすごいんだと思う(笑)

TOEICを受ける気がなくても、単語を覚えようとしてる人にはこの本を最初にやることを是非オススメします。

おそらくこの本で得たコツはこの本に載ってない単語を覚えるときにも役に立つと思うので。

 

関先生は10年ぐらい?ほぼ毎回TOEICテスト受けて問題分析や傾向の変化を研究している人(当然スコアは990点)なので、TOEIC受けようとしている人にはもちろんベストな単語帳ではないかと。

20150703_092827

あ、ちなみに50語を覚えるのにかける1回の時間は、初回はじっくり解説文見ながらやってたので1時間ぐらいかかりましたが、2回目の時点で30分ぐらいしかかからなかったんじゃないかと。

5回目とかは15分ぐらいとかじゃないかな?

どんどん覚えていくからかかる時間は短くなります。

ボクは結構発音の練習もしながら覚えるので時間かかりますけど、そうでなければもっと速いかも。

 

あ、ちなみにボクは基本的に書いて覚えることはやりません。

「読んで発音する」を繰り返すだけです。

「読めるようになる」「聞けるようになる」ことにフォーカスしてるんで、スペルについては後回しな感じ。

たぶんそれなりに見て覚えてるし、ある程度発音から推測して書くこともできると思うので。

 

この単語帳だったら100語を2日で覚えるってのも可能かもしれないなー。

昼は仕事してたらキツイかもしれないけど、だったら朝晩の2回を3日やるとか。

もちろん仕事が忙しい人は1日1回が限界かもしれないけど。

ボクは現在自宅警備員なんで…(笑)

 

遅寝遅起きでちょっとだらけた生活も、単語学習を朝昼晩やろうと思ってから早寝早起きになりました(笑)

やっぱり朝早く起きると1日が長く感じますねー(笑)

早寝早起きは素晴らしい(笑)

遅寝早起きではなく早寝早起き。

以前は睡眠時間削って行動時間増やしてたけど、やっぱり頭が働かない感じだった。

やっぱり8時間ほど睡眠取ったほうが、脳が働いて勉強の効率が上がって結果的に勉強の成果は高くなるのかも。

早寝早起き続けよう(笑)

英語を学ぶならコチラの記事がオススメ!

英語を学ぶならコチラ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。