討論になってない討論(笑)

 

『ビートたけしのTVタックル』でネットの規制についての討論。

超面白い(笑)



全然討論になってないじゃないか(笑)

そして規制派は感情論で規制を進めようとしていることにビビる。

ホリエモンやひろゆきは屁理屈言ってるだけに聞こえることもあるけど、感情論抜きで考えて「穴」となるところを指摘しているだけだと思う。

規制派はそこに対して知識がないから、その「穴」についてのまともな対処法だとかを言えずに「何もしないよりした方がいいだろ!」って感情論で反発しているだけに見える。

ホリエモンとひろゆきを相手に討論するには規制派の知識が浅すぎる。

ホリエモンやひろゆき並みにネットに詳しい人で規制派っていなかったのだろうか?

いたら改めて討論してもらいたいな。

 

ひろゆきの「データありますか?」って問いかけに対して「そんなこと親御さんの前で言えますか?」っていう返しには本当にびっくりした。

確かにネットで苦しんだ子供を持つ親御さんの前でする世間話だったら言うべきではないかもしれない。

だけど、あの場は井戸端会議ではなく討論の場のはず。

質問に対する答えがズレてる。

 

そして、ホリエモンの言うように、「可哀想」と思うのは分かるけど、その人たちの意見を聞いて「可哀想だからこういう規制を作ろう」と感情的なものが大部分で規制を増やしていくのがどんどん息苦しい社会にしていっているんだと思う。

規制強化は最終手段。

規制をしようと思うのであれば、専門的な知識を持ってデータを調べたりと、本当に効果があるのか、どの程度の効果があるのか、他の方法はないかと、一旦感情を切り離して得られる結果を理論的に考えることぐらいして欲しい。

 

評論家の人とか問題外だったね。

インターネット黎明期に活躍していたお二人(ホリエモン、ひろゆき)が質の低いユーザーを放置していたのが問題なんじゃないでしょうか。

なんて全くもって意味がわからない。

ホリエモンがイラつく(呆れる?)のも当たり前。

 

子供には「2ちゃんねるを見せない」というフィルタリングをするのではなく、「2ちゃんねるを見せても大丈夫な教育」をしたい。』という、ひろゆきの発言にも賛成。

人生を良いものにするには問題(外的要因)を一個一個潰していくのではなくて、問題を問題としないぐらい自分(内面)が成長するのが一番だと思ってますので。

枝葉を変えるのではなく、根を変える方が絶対に効果的。

「そういう教育は親がやるもの。」

ということに対し、

日本の最近の親御さんはそういう教育ができると思います?

という発言もどうかと思った。

なんでも規制規制規制規制って国がやっていくから、国民のそういう能力が下がっていくんじゃないの?

すぐ規制強化で対処するから国民の能力が下がり、国民の能力が下がるからまた問題が起こったときに規制強化で対処する。

規制強化のスパイラルじゃん。

ドンドン後の世代にシワ寄せしてるってことは考えないのかな?

規制派の人達は目先の問題しか見てない。日本の政治家にそういう人が多いんじゃないかとも思うけど。

 

ホリエモンの話を聞いていると、感情論は抜きで考えているし、問題に対する読みと先を見る能力に長けているなと感じる。

経営者の思考って感じがする。

会社経営者が国の政治を行うようになると今よりもマシになるんじゃないかなーと思ったりする。

 

まぁボクITも経営も政治も知らないんですけど(笑)

ボク自身知識のないアホなんでこういう話は控えてるんですけど、この討論は面白すぎて書いてしまった(笑)
 
 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。