不純でイイから興味を持つこと

 

東洋経済ONLINEの『週に1回は「英語部屋」にこもりなさい!』という記事を読んだ。

やっぱり「英語は英語のまま覚えてしまうのが一番良い」と書いてあった。

英語を日本語に翻訳して理解するっていうのはやっぱりムダというか効率が悪いんですね。

日本語を介在させない「英語の回路」を作りたい。

 

留学して実感したのが、やっぱり常に英語に浸ってると、ある程度英語を英語で理解できるようになるということ。

授業以外では普通に日本人の生徒同士日本語で喋ってたんだけど、言っても毎日8時間は英語オンリーでマンツーマン授業受けてたからね。

後半1ヶ月ぐらいはフィリピン人の友達と英語でメールしたり、週5ぐらいで会って喋ったりもしてたし(笑)

それなりの英語漬け生活をしてた。

さすがに2ヶ月の留学じゃ短すぎて、上達したって言っても大したレベルではないんだけど、英語漬けの生活は明らかに効果大だったと思える。

ただ、「脳内に英語の回路ができた」とは言えない。

 

記事の中に

加藤:まだ「英語の回路」ができていないときの話ですが、一度日本人と話してしまうと、次の瞬間、英語が出てこなくなることに気づきました。脳が、より得意な「日本語の回路」を優先的に使ってしまうわけです。

って文があったんだけど、ボクも日本に戻って生活してると、やっぱり英語がパッと出てこないことに気づいた。

明らかにフィリピンにいた時の方がパッと英語が出てくる感じだった。

脳が、より得意な「日本語の回路」を優先的に使ってしまう

なるほどそういうことかー。

やっぱり英語漬けの時間を作らないと「英語の回路」ができないもんなんだな。

 

予備校のカリスマ英語講師の安河内さんが

アメリカに行くと、到着直後は英語につまるんです。10日くらいすると、スラスラ話せるようになります。

って言ってて、これだけ英語ができる人でも「母語ではない言語回路のシフト」は難しいものなんだなと思った。

スポンサード リンク


で、この記事の中で一番引っかかったのが、「興味が脳を活性化させる」という話。

「興味のないことを必死にやってても大して吸収できないが、興味のあることだと必死になるまでもなく吸収できる」という感じ。

興味があることに対しては集中力が高まりますしね。

これ感覚として分かりますよね。

「英語を学ぶにはこの映画がオススメ!」とかありますけど、いくら発音が綺麗で聞き取りやすい映画だとしても、内容に興味がなければまず見る気が起きないし、見ても右から左に流れていく感じになる。

 

毎日英語のニュースサイトを読めば英語力が上がるのかもしれないけど、それをしても楽しいとは思えないからボクはしないんです。

ボクはもう人生単位で「楽しい」と思えることばかりをしていきたいと思ってるんで(笑)

だからYouTubeで英語を聴く時だって「可愛い女性」が英語で喋ってる動画を狙って見てるんです(笑)

男的には男が喋ってる英語よりも、女性が喋ってる英語の方が「何言ってるんだろう?」って興味持って集中して聞けません?(笑)

興味のある内容だと男の話でも集中して聞きますけど(笑)

 

興味がなければこの歳で英語を勉強しようと思わないでしょうし、興味があるからこそ勉強しているんですけど、興味がある英語の勉強の中でも、興味のある方法で勉強をする。

色んな学習法があるんでしょうけど、これが一番良い学習法じゃないかと思います。

ボクは(笑)

これボクが英語ペラペラだったら説得力あるんでしょうけど…(笑)

 

ボクはハイレベルな英語を身につけるのが目標ではなく、英語学習を楽しんで、英語の本やドラマ、映画を楽しんで、英語を使ったコミュニケーションを楽しむことを目標としてます。

全ては「楽しむ」ため。

学習って点数を取ることが重要視されてた学生時代の学習のせいで「つまらないもの」ってイメージがありますけど、本来はそうじゃないはず。

楽しむための趣味と同じですよ。

本を読むのが趣味の人は物知りだし、サッカーが趣味の人はサッカーが上手い。

趣味として楽しんでるからこそ上達する。

英語教師は当たり前だけど「英語が好きな人」。

英語が好きだから英語が出来るんだよ。

だから、英語教師は「This is a pen.」とか教える前に、「英語を習得するとこんなに楽しいんだぜ!」ってことをガッツリ生徒に伝えてあげればいいと思うんだよなー。

「欧米の金髪美女と喋れるんだぜ!」とかでもいいと思うんだけど(笑)

ボクなんか「ロシア人の女の子可愛いから、喋れるようにロシア語も勉強しようかなー」とか思ったりしますからね(笑)

そんな動機でもいいんですよ(笑)

動機はなんであれ「興味を持つこと」が大事。

興味の有無では得られる結果が大きく変わるはず。

英語を学ぶならコチラの記事がオススメ!

英語を学ぶならコチラ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。