ジェスチャーの違いに注意

 

国によってジェスチャーの意味が違うのが面白い。



フィリピン留学で最初「え?」と思ったのが、先生が両手の中指と人差し指でチョンチョンやる仕草でした。

ボクの頭に?が浮かんでるのが見えたのか、先生がすぐ「皮肉やジョーク言う時に使うんだよ」って教えてくれましたが(笑)

フィリピンでできた友達もジョーク言った後に「Just kidding.(冗談だよ)」って言いながらチョンチョンやってた。

大体ジョークは聞き取れませんでしたが、それ見て「あ、ジョーク言ったのかw」って分かるのでとりあえず笑っときました(笑)

これフィリピン人が使う独特のサインかと思ってたら違うんですね。

知らなかったー。

 

アゴの辺りで手のひらを自分に向けたピースサインをしている女の子も見たことありますねー。

小顔効果?か何かの意味でしたよね?

それが海外に行くとゲスなサインになるなんて…(笑)

モロに言うのは控えますが、まぁ…女性器を舐める仕草を表しているわけですね(笑)

プラスで可愛く舌を出してるつもりが、よりゲスさに拍車をかけることに…(笑)

動画の中で言ってる、「クリスティーナの友達が、日本人の多くの女の子がこのポーズをしてる写真を見た時、“ワオ!見てよ!写真に日本人のレズビアンがいっぱい!”って言ってた。」っていうのはそういうことですね(笑)

 

日本では「ピースサイン」でも、戦場となってる国では「ヴィクトリーサイン(勝利のV)」だったりします。

ただ手のひらを自分の方に向けたピースもちょいちょい見ますが、それもイギリスでは侮辱のサインだったりする。

たしか、昔、弓を使って戦っていた時代に、負けた方は弓をひく中指と人差し指を切り落とされたらしく、裏ピースは「勝ったぞ」「俺の指を取ってみろ」的な意味で使われていたからだという話を聞いたことがある。

グーで親指を立てるサムズアップも、日本やアメリカでは「good」や「OK」ってかんじで使われてるけど、タイでは侮辱のサインになるらしい。

 

片手の人差し指と中指をクロスさせたサインは、アメリカとかでは十字架を表していて「Good Luck」を意味するらしいけど、ベトナムでは侮辱のサインなんだとか。

 

国によって違いがあって面白い

…けど、めんどくさいね(笑)

世界で統一してた方が安心はする(笑)

海外に行くときはそういうことも知っとかないと、無駄に危険な目にあう可能性もあるね。

気をつけましょう(笑)

英語を学ぶならコチラの記事がオススメ!

英語を学ぶならコチラ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。