英・米の発音の違い

 

YouTubeの「あなたへのおすすめ」にこの動画が出てきた。

↓↓



これは興味深い!

ボクが留学で学んだのはアメリカンアクセントだから、ブリティッシュアクセントとの違いを聴き比べてみたいなと思ってたところでした。

ブリティッシュアクセントは「T」の発音が強い、「R」をあまり発音しないから「ウォーター」とか日本人のカタカナ発音に近くて、日本人は発音しやすいって聞いたことがあった。

丁度この動画でも water を比べてた。

アメリカンアクセントだと「ワーラー」に近い発音になるんですけど、確かにブリティッシュアクセントだとカタカナの「ウォーター」に近いですね。

他の単語聞いてても、やっぱりブリティッシュの方が発音しやすそう。

tomato の発音に一番驚いた(笑)

アメリカンだと「トメィトゥ」みたいな感じだけど、ブリティッシュでは「トマートゥ」って感じで、日本語のトマトの発音にかなり近い(笑)

 

日本のカタカナ英語は完全にブリティッシュ寄りって感じですね。

だからブリティッシュの発音は聞き取りやすいかもしれないけど、アメリカンの発音は癖を知らないとかなり聞き取りにくい気がする。

学校で習う発音も多分ブリティッシュ寄りですし。

twenty の発音は「トゥエンティ」って習いますよね?

アメリカンだと「トゥエニィ」なんですよ。

「N」の後の「T」が消えたりするんです。

留学して最初の頃に「え?」って思ったのが twenty の発音でした(笑)

 

あ、でも学校では一応「R」の発音とかアメリカン寄りだったな…

ミックスアクセント?(笑)

 

アメリカンとブリティッシュでは、モノによっては単語自体が違ったりもするらしいので、そこはさらに面倒くさいですよね(笑)

昨日ちょっと単語の違いを調べていると、トラックはブリティッシュで「ローリー」っていうことを知って「タンクローリーのローリーってこれか!」と気づき、なんかテンションが上がりました(笑)

 

来年行く予定のオーストラリアの英語はブリティッシュ寄りらしいので、留学で習ったアメリカンとの違いを見つけるのも楽しそう。

英語面白い。

スポンサード リンク


面白いといえば、偶然見つけたこのコメントに爆笑した(笑)


 

簡単に言うと

 

「コーラください。」

なぜか吹き出す店員

「?…Lサイズで。」

店員爆笑

 

なぜ店員は笑ったのか

その理由は…

 

coke(コーラ)の発音がcock(男性器)になってたから(笑)

 

コークとコック…(笑)

「チ〇コください」「Lサイズで」とか言われたら笑わざるを得ないでしょう(笑)

英語を勉強し始めてから一番面白かった英文でした(笑)

まぁボクも以前 cook を「コック」って発音しちゃって、先生(女性)が絶句してたことがありましたけど…(笑)

Oh…Ryuji…Not…c..co…cock…It’s COOK…」ってすっごい言いづらそうに訂正された(笑)

先生ごめんなさい(笑)

 

coke(コーク)とcook(クック)。

コックじゃないです(笑)

間違えないようにしましょう(笑)

発音大事(笑)

英語を学ぶならコチラの記事がオススメ!

英語を学ぶならコチラ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。