英語の発音が上達した理由

 

最近、以前勉強してた単語帳を見返してみました。

単語熟語合わせて1800語ぐらいあって、もちろん知っている単語も含まれていたんですが、1ヶ月半ぐらいで全部覚えてしまおうと頑張ってました。

それなりに覚えたんですが、今見返すとやっぱり忘れてしまったというか、完全に覚えきれてない単語が結構ありました。

なのでもう一度覚え直そうと思い、見返しているんですが、ある気付きが。

覚えきれてなかった単語でも、留学中に使った記憶のある単語を見ると、大体一発で記憶に定着するんですよ。

やっぱり文字(単語)だけを見て覚えるよりも、会話の中でその単語を使った方が、その時の状況、会話の内容などがリンクして記憶に残るから覚えやすいのかなと思いますね。

やっぱり喋ることって大事なんだなー。

スポンサード リンク


あと、単語の勉強してて、ふと思ったことが。

ボク留学中、予想外に発音を褒められてたんですよ。

なぜか(笑)

文法力とかはそんなに良くないし、先生も「なんで発音は良いの?」みたいな感じで言ってたんですけど、ボク自信わかりませんでした(笑)

けど

「たぶん原因はコレだ」というものが見つかりました。

それは…

 

ボクの単語の記憶法。

 

ボク単語は基本的に声に出して発音しながら覚えるんです。

発音記号を見ながら。

ボクが使ってた単語帳にはCDも付いてましたし、それで発音の確認もして。

で、ボク毎日300単語ずつぐらい覚えてたんで、【300単語×数回】を1ヶ月半ぐらい毎日発音してたんですよね。

ちょっと喉に違和感が出るぐらい(笑)

だから多分そのせいじゃないかと(笑)

あとは海外ドラマ(Full House)を見てて、なんとなく気になったセリフとかを真似て発音してたぐらい。ちょっとだけですけど。

考えられる理由はそれぐらいしかない。

見る、書く】だけよりも、【見る、書く、言う、聞く】の方が覚えやすいだろうと思って発音しててだけで、発音の練習はおまけ程度ぐらいの感覚でやってたんですが、意外と良い練習になってたみたいです(笑)

もちろんネイティブレベルにはまだまだで、言うほどキレイな発音ではないんですが、一般的な日本人の発音ではないとの評価をもらえましたし。

発音しまくってたから英語の発音に必要な舌、口の動きに慣れてたんでしょうね。

自分で何か笑いそうになるんですが、最近『ウォーター』よりも英語の『water』の方が言いやすく感じるんですよね(笑)

『ウォーター』って発音してると、違和感があって気持ち悪い感じ(笑)

『water』の発音の方がしっくりくる(笑)

これは英語に慣れてきた証拠だろうなと思って、ちょっとテンション上がってます(笑)

 

どうせならキレイな発音できるようになりたいですよねー。

僕の場合その前に単語と文法覚えないと発音するものがないんですが(笑)

苦手な文法もちゃんと勉強しよー(笑)

英語を学ぶならコチラの記事がオススメ!

英語を学ぶならコチラ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。