ゲイの友達ができた

 

「今夜ウチに来たい?」

 

いきなりそういうメッセージが送られてきた。

これが一人暮らしの日本人の女の子から送られてきたのであれば、勝負パンツに履き替え鼻血を出しながら即答で「Yes!」と返していただろう。

だが送ってきたのは推定32歳の友達とワンルームに2人で暮らしている23歳のフィリピーナのM。

変な期待はない(笑)

出会って3日目の昨日、誘われて家に遊びに行ったのだが、どうもMからするとボクは「上手く英語が話せない面白いおもちゃ」的な認識ではないかと思った(笑)

まぁ悪い意味ではなく、珍しい日本人の友達ということで気に入ってくれてるんだろう(笑)

 

で、昨日も行ったし、今日は行かなくていいかなー。眠いし。と思った(笑)

と言うかなんで「来る?」じゃなくて「来たい?」なんだ?(笑)

ということで「宿題あるから」って断った(笑)

 



 

夜全く勉強する気にもなれなかったので、結局行くことに(笑)

会話してたほうがまだ勉強になりますしね(笑)

ただ、流石にまた遅くまでいると睡眠時間が足りなくなるので「11時までしか無理」って先に言っといた。

 

学校の門を出て、「さて、待ち合わせ場所のコンビニに行くか」と思った瞬間

「あれ?こんな時間にどちらへ?」

と声をかけられた。

なんとそこには、この学校の日本人スタッフKさんが(笑)

なんか「女の子の家に遊び行くんですよー」とか言うと、いらぬ誤解を招いてしまいそうだったので、「あ、ちょっとコンビニに…」と言ってみた(笑)

すると

「あ、じゃあ一緒に行きましょうよ」

と(笑)

Oh…

なんか墓穴掘った気分…(笑)

結局一緒に行き、飲み物を物色してるフリをするが、おそらく帰りも一緒にと考えてるKさんを誤魔化すのも面倒だなと思い、正直に「女の子と待ち合わせなんです(笑)」と言ってみる(笑)

「こんな時間から遊ぶんですか?やることやってるなー。じゃあ僕はお邪魔ですねー。」

と言われ、やはり若干の誤解を生んだ気がする(笑)



そんなこんなしてたらMが到着。

ん?

横にもうひとり誰かいる。

うわさに聞いてたゲイの友達だった(笑)

まぁ見た目は普通の男だなーと思ってたけど、よくよく見てたら若干動きがクネクネしてた(笑)

「ゲイは一番若い(22歳)けど背は一番高いね」なんて比較を使った話なんかをしながら3人でMの家へ。

「また来たのかコイツ」なんて顔はせず、笑顔で迎えてくれたお姉さん。

そして

やっぱりPCで映画を見るようだ(笑)

途中ベッドシーンが流れて、男優の裸を見て何か言ってるゲイ君と、なんか爆笑してるお姉さんと、このカオスな状況にどうリアクション取っていいのか分からないボク(笑)

M、お姉さん、ゲイ君はベラベラ喋ってるけど、全く会話に入れないボク…

それもそのはず。

だってタガログ語なんだもん(笑)

英語ですらないから微塵もわかんねーよ(笑)

そのまま予定の11時になり帰ることに(笑)

帰り際Mが送ってくれて、その時にやっと英語で会話できた(笑)

「ゲイは私の親友なんだ!いつも一緒にいるから彼氏だと思われるの!でも違う!だって彼はゲイなんだもん!!!!Oh my goodness!!!!wwwwww」

とか叫んでた(笑)

楽しそうで何よりです(笑)

英語を学ぶならコチラの記事がオススメ!

英語を学ぶならコチラ!