世界遺産行ってきた

 

これを書いているのは4月13日ですが、11、12日はネット環境のないところへ遠出していてブログの更新ができなかったので、これから11日の分を書きます。

 

「親戚の結婚式で地元に帰るから、ついでに近くにある世界遺産に連れていってやるよ」

というスゼット先生のご好意に甘えて出発3日前ぐらいにいきなり決まった今回の旅。

ボク含め生徒4人(全員男)と先生1人(女性)でのちょっとむさ苦しい旅になりました。

目的地はマニラから北へ350kmほど行ったところにあるイフガオ州。

10日(金)の夜21時頃寮を出て、夜行バスに乗り込み約10時間(笑)

渋滞で2時間ほど遅れて到着。

まずは朝食。

入ったレストランから見えた景色がこちら

20150411_095128 20150411_095613 20150411_095620(0)

緑が豊か!!

そして急斜面に建物建ててるのが凄い(笑)

朝食にはPhirippino breakfastとteaを注文!

フィリピンの朝食ってどんなのかなと思ってたら、運ばれてきたのがコレ

20150411_101723

ライス、目玉焼き、ソーセージ。
teaはお湯とリプトンのパックが出てきました。

な、なるほど。

(笑)

若干肩透かしくらったけど、フィリピンのソーセージは味が濃くて結構美味いです。

 

さて!

腹ごしらえも済んだので、いざ世界遺産へ!

この世界遺産。

 

何かと言うと…

 

 

コレ!

20150411_123058 20150411_124641

バナウエにあるライステラス(棚田)!!

広大なライステラスは2000年以上前に作られたと言われています。

その姿は「天国への階段」と称され、すべての棚田を平にのばすと、地球半周分の2万kmにも及ぶ長さになり、最高峰は2000メートルにも及ぶそうです。

本当に尋常じゃない規模の棚田でした。

とても人の手で作られたとは思えません。

機械を持ち込めるようには見えないので、田植えとか収穫とか今でも相当大変そう。

フィリピンのお米は日本のものよりもパサパサした感じですが、特に不味いと思ったことはありません。

ボクがフィリピンで毎日食べてるお米はココで作られたものなのかもしれません。

農家の方に感謝感謝。

 

途中の休憩所にいた現地の子供が可愛かった。

20150411_121257

この子が吹いて遊んでた笛をボクにくれて、やさしいなぁと思ってたら、かわりにスマホを貰おうとしてました(笑)

さすがにあげられないので、かわりに写真を一枚撮って見せてあげました。

なんとピンチイン・ピンチアウトを使いこなすというテクニシャン(笑)

いい年したおじさま・おばさま方よりもスマホを使いこなせています(笑)

 

さぁ

次の目的地は…

Water Falls(滝)!!

みんなでスゼット先生のご指導のもと「うぉーらー」とか「うぁーだー」とか発音の練習をしながら歩き出しました。



滝までの道のりが予想を遥かに超える険しさで、皆無言に(笑)

本当に尋常じゃなかった(笑)

基本的に道ではない所を歩いてた(笑)

棚田のフチの部分とか。

一歩踏み外したらアウトですよ(笑)

あれほど超長くて険しい道のりは経験したことがなかった(笑)

しかも炎天下の中ですよ(笑)

下手したら死人が出そう(笑)

そうやって精神と体力をすり減らしながら歩き続け、ついに…

 

 

到着!!

20150411_131516

わーだーふぉー!!


20150411_132207 20150411_133123

20150411_132157

水が超綺麗!

冷たくて超気持ちいい!

ズボン履いたまま泳ぎました(笑)

ただ足元がツルツル滑って何度も足を岩にぶつけて痛かった…(笑)

他にもアメリカンやらフレンチやら観光客がいまして、中にはビキニのお姉さんも。

ご馳走様です。

 

汗も流し、疲れも多少癒したところで…

 

来た道を戻らなければならないという現実と向き合うことになるわけです(笑)

心が折れそうになりますよ(笑)

途中何度も休憩を挟みつつ、皆無言のまま歩き続けなんとかジプニーのところまで無事帰還。

だいぶ端折ってますけど、ココかなり地獄でした(笑)

長時間炎天下を歩いていたおかげでズボンも乾きましたが(笑)

後はジプニーに乗って宿まで行くだけ。

ジプニーってのはこんなやつ。
写真撮り忘れたからネット上で拾ってきました(笑)


さぁ乗ろう



思ったら

なんかジプニーの上に乗れと言い出すドライバーのおっちゃん。

ジェットコースター気分を味わいながら帰れるという特典のようです(笑)

日本じゃありえない乗り方ですよね(笑)

20150411_161300

こんな感じで乗っていざ出発!

風は気持ち良いけど乗り心地はよろしくない(笑)

ジプニー自体の足回りも良くなければ、道路の状況もよろしくない。

とにかくケツが痛い(笑)

そして途中で少年ふたりが無賃乗車してきてビビる(笑)

20150411_164613

飛び乗ってきやがった(笑)

フィリピンなんてところだ(笑)

 

宿に到着したら、なぜか男4人なのにベッドはシングル2つとセミダブル1つ(笑)

仕方なくボクと大学生のJ君が一緒に寝ることに。

暑い国ですが、熱い夜にはならなかったのでご安心を。

「先生とJ君を交換しよう!」

って言ったら

「コワーイ」って日本語で拒否られた(笑)

 

夕飯前にとりあえずビールで乾杯。

フィリピンのビールといえばサンミゲル。

20150411_182002

歩き疲れ、喉も渇いていたので冷えたビールはうまかった。

夕飯にはフィリピン料理のアドボというものを注文。

20150411_185706

感覚的には肉じゃがに近い感じかな?

チキンアドボ美味しかったです。

 



 

そういえば夕飯食べる前にアレを食べました。

 

アレを。

 

ついに(笑)

 

アレとは…

 

そう

 

バロット!!(笑)

 

バロットってのは有精卵がヒナになりかけた状態でゆで卵のように茹でて作る食べ物です。

まぁーーーーーーーグロイ(笑)

見た目は相当ショッキングです(笑)

見たい人はこちらからどうぞ(笑)

ボクが食べたバロットの写真

フィリピンに来たら一度はチャレンジしようと思ってました。

鶏の卵だと思ってたんですが、どうやらアヒルの卵らしいです。

一般的には鶏の卵なのかもしれませんが。

食べ方は、まず卵の底の方にヒビを入れてカラを割ります。

中にスープのようなものが溜まっているので、まずそれを飲みます。

…うん。

チキンスープ的な味(笑)

美味い(笑)

そして更にカラを割っていき、中身を露出させます。

塩と酢をお好みでかけて、後はひと思いにパクッといくだけです(笑)

黄色い部分はちょっと硬いけど普通にゆで卵の黄身のような味。

おそらく内蔵になる黒い部分は…

うん…

ちょっとドロッとしたレアな感じが当たらないか不安になりました(笑)

まぁ不味くはない。

ただ、好んで食べようとは思わない(笑)

普通のゆで卵でいい(笑)

まぁいい経験でした(笑)

 

夜は疲れもあり、皆22時には就寝。

とりあえず疲れたけど世界遺産に触れたりバロットを食べたりと有意義な初日でした。

2日目に続く。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。