背伸びしないとチビのまま

 

等身大の自分?
等身大じゃチビのまま。
背伸びしないと成長しないだろ。


高橋歩さんの言葉。

昨日ホリエモンの本を読んでいると、「成功には自信が大事であり、自信をつけるためにはできる限り背伸びをして何かに挑戦し、成功体験を得る必要がある」ということが書いてあって、以前読んだ高橋歩さんの本に書いてあったこの言葉を思い出した。

二人とも同じことを言ってるし、自分自身の経験上納得できる。

運動が大っ嫌いで腕立て伏せもできなかった自分が肉体改造に挑戦し、誰が見ても明らかな成長を結果として出せたことが今でも大きな自信となりボクを支えている。

正直これがなければなんの自信もなかった。

あの時肉体改造に挑戦していなければ多分今頃クソみたいな人生送ってたなと思う。

「プロレスラーを目指す!」っていうのはボクにとって明らかな背伸びだった。

誰が聞いても理解不能な夢だったと思う(笑)

実現不可能に思える夢を設定するのは背伸びの一種だと思う。

大して苦労せず実現できそうなことは背伸び(挑戦)ではない。

ボクの場合目標があまりにも高すぎたため、結局挫折したけど(言い訳かw)、爆発的に成長したと思う。

短期間で「人が変わった」と言われるレベルで変化した(笑)

ドラゴンボールで言う『精神と時の部屋』に行ってきた感覚かも知れない(笑)

目標が「公務員になること」とかだったら大して成長してなかったと思う。

以前の僕なら難なく公務員になれてるはず。

 

高い目標を設定したところで、達成できないことだってあるかもしれない。

究極的に言えば達成するまでやり続ければ何でも達成できるんだろうけど、ボクは挫折した。

だけど、本気でやっていたのならそれでも得られるものはある。

どんなにすごい人の本を読んでも得られない『自分の経験』が得られる。

『自分の経験』を積み重ねていくことが本当の成長なんだと思う。

それを忘れて本を読むだけで成長した気になってしまうボクがいた。

最近一皮剥けそうな自分にワクワクしてます(笑)

要領悪くて自分に甘いボクは成長が遅いけど、確実に前に進んでる自信はある。



日本は謙虚であることが美徳だとされる。

ホリエモンからするとそれがマズかったりするらしい。

自分に100の能力があるとして、「80の仕事できる?」って言われた時に「自分は60の能力しかないけど多分できます」って感じで答えることが多いんじゃないかと。

実際よりも自分を小さく見せる。それが美徳。

もしかしたら、これはできなかった時の『言い訳』という保険をかけているだけなのかもしれないけど。

実際は100の能力があるんだから80のことをやったところで成長はしない。

ホリエモンの言う『背伸び』はここに必要なんだと。

自分に100しか能力がないときに120の仕事を「できます」と言って受け取るべきだと。

そこで謙虚ではなくハッタリをかますことで自分を追い込む。

足りない20はやりながら成長するしかない。

そうやっていくことで成長していくんだと。

最もな意見(笑)

詳しくは書かないけど、ホリエモンが言うに「謙虚になる」というのは昔はそうするしか生きていく方法がなかったから、それを美徳として考えるようになったのではないかと。

時代は変わってもその考えは代々受け継がれてしまっている。

「美徳」「常識」「当たり前」には現代に適さないものがあるかも知れない。

だからこそ『思考停止』になってはいけないんだなぁ。

歴史を学ぶっていうのはこういうところにも繋がるんだなと感心しました(笑)

スポンサード リンク


このブログはボク的にちょっとした背伸び。

ボクはどこにでもいるアンチャンなわけで、自分の意見をネット上で晒すと『なにを偉そうに』みたいに思われることもあるわけです(笑)

このブログはボク自身の成長を記録するものでもあるんですが、それなら日記帳にコソコソ書いておけばいい。

だけど、ボクには人生の本当の面白さを知らない人、特に若い世代にその面白さを伝えられるような人間になりたいという思いがある。

何も成し遂げてないただのアンチャンが偉そうに語ってもウザイだけかもしれない。それでも何もしないよりはやったほうがいい。

だからこそ今から「人に伝えること」をやるんです。

ブログなら見たければ空いた時間でサッと見れるし、見たくなければ見ないでいい。

自分の為、見てくれる人のために書くんです。

ブログに書けるような知識がなければその場で調べて書く。

それこそ成長に繋がるはずです。

ぶっちゃけしょっちゅうその場で勉強しながら書いてます(笑)

だから書くのに時間かかるんですよねー(笑)

自分の無知さを思い知らされます(笑)

 

背伸びすると「何あいつ背伸びしちゃって(笑)」みたいに笑う人だっています。

だけど、そうしないと成長しない。

逆に言えばそうすれば成長するんだから、成長した後ソイツを見下してやればいいんです(笑)

人の努力を笑うやつほど成長しませんから(笑)

「人を見下してはいけませんよ(*´ω`*)ノ。+゜*。」なんて心の綺麗な女神様的なことは言いません(笑)

それがモチベーションになるならそれでいいんじゃないかと思う(笑)

口に出すのは良くないかもしれませんが(笑)

 

今回読んだのはこの本
↓↓↓↓

《夢をかなえる「打ち出の小槌」》

昨日『君がオヤジになる前に』を読んだ後、勢いで読みました(笑)

綺麗事を言わないホリエモンの自己啓発本は面白い。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。