夢がない?嘘つくな!

 

ぶっちゃけ

夢がない人なんていない

と思うんですよね。

絶っっっ対に何かしら夢があるはず。

例えば自分が好きなアイドルと付き合いたいって思いません?

高級車が欲しいとかプールのついた豪邸に住みたいとか。

スポーツ選手や歌手になりたいとか。

挙げればキリがないんだけど、絶対YESかNOかで言ったらYESのものがあると思うんですよ。

「ほら夢あるじゃん。」って言いたい。

夢がないって言う人は嘘ついてるだけじゃないかと。

「絶対にムリだ」って思ってるから言えないだけ、言うのが恥ずかしいだけ、笑われるのが怖いから隠してるだけ。

そういうことでしょ。

 

夢ってのは叶う確率が高いから持つものでもないし、他人の意見を気にして持つものでもないんですよ。

自分のハートに素直に従って持つものなんです。

165cm、60kg、運動嫌いだった学生時代のボクが持った夢って「プロレスラー」ですよ?

冗談だと受け止めて笑う人もいれば、バカにして笑う人もいましたよ。

でもそんなもん知ったこっちゃないんですよ。

「自分がやりたいこと」だったんですから。

結果は、ある団体に入門しましたけど、結局半年ほどで脱落しました。

色々考えた結果って感じですが、まぁ逃げ出したと思ってもらっていいです。

それこそ「ムリだろ」って笑ってた人から見ればただのバカかもしれません。

夢は叶いませんでした。

だけど

その経験で得たものはボク以外の人には理解できないほどのものだったと断言できます。

結果はどうであれ、夢を叶えようと努力した経験は絶対にプラスになるんですよ。

笑ってるやつには笑わせとけばいいんです。

人生に本気で生きているあなたは、笑っている人間とは生きている次元が違う。



今の夢の一つは世界一周です。

地理が大っ嫌いで英語もできないボクの夢がですよ?

ビザも必要なものもルートも何一つわかりません。

でも世界一周がしたいから目指すんです。

世の中の色んなものを見たくなった。知りたくなった。体験したくなった。

わからないことは調べればなんとかなります。英語も中学生のレベルから勉強します。

そうすれば前には進みますから。

 

ボク夢がいっぱいあるんですよ。

500kgとかある牛の突進を体一つで正面から受け止めるポルトガルのフォルカドっていう闘牛士になってみたい。とか。

なんで?

カッコイイからですよ。

夢を持つ理由なんてそんなもんでいいんです。

カッコイイ!俺もあんな風にカッコ良くなりたい!牛と闘ってみたい!

それだけ。できるできないなんて考えない。

フォルカドって職業じゃないからお金は稼げないんですよ。

もちろん大怪我や命の危険だってある。

それでもフォルカドをやっている理由をトップの選手に聞くと、答えは「女にモテるから」でした。

モテるために命かけてるんですよ!(笑)

最高にクレイジーでファンキーで逞しい!(笑)

理由はどうであれ、彼はメチャクチャ輝いて見えました。

ポルトガル語なんて一つもわかりませんし、行き方も、なり方も、そもそも日本人がなれるのかもわかりません。

でもとりあえず調べます。

調べもせずに夢が諦められるわけがない。

 

他にもプロコーチやセミナー講師になりたいって夢もあります。

以前はネットビジネスで稼いでやろうと思ってやってました。

色々やってて「結局アイツ何がしたいんだ?」とか思われたりしますよ。

何って

全部ですよ。

全部やりたいんです。

夢を一個に絞る必要はないでしょ。

やりたいことはやるんです。

やって上手くいかなかったら次の夢を目指せばいい。もっと自分の人生をかけたいものが見つかったらそっちをやればいい。優先順位を考えてやればいい。一通りやってみてからどれに一番力を注ぐのか決めたらいい。

何度失敗したって挫折したっていいじゃないですか。

経験は確実に積もっていくんですよ。

スポンサード リンク


夢を追いかけることで失うものもあるかもしれません。

車を買うお金がないとか、結婚できないかも…とか。

そういうマイナス面も出てくるかと思います。

ただ、「本当にそれは自分に必要なものなのか?」と一度考えてみることも大事。

車がなくても生活できませんか?本当に欲しいんですか?

結婚もするのが世間的に当たり前だからとか、結婚しないと幸せになれないとか、漠然としたイメージや思い込みはありませんか?

世間一般の幸せや生活レベルに合わせる必要なんてないんです。

自分が本当に必要だと思わないのであれば「あって当たり前」みたいなものも持つ必要はないんです。

自分が幸せだと思える生活レベルで十分じゃないですか。

それは妥協ではなくてコスト削減みたいなものだと思いますよ。

ボクは車に興味がないので基本いりませんし、必要でも走るものであれば満足します。

結婚願望も強くなく、奇跡的に「運命の人だ!」的な出会いがあれば結婚すればいいし、そういう人が現れるまで自分から探すことに時間をかけたりはしないでしょうね。

その分のお金や時間を夢に投資します。

 

これはボクの幸せな生き方です。

車が大好きな人も、幸せな家庭を持つことが夢の人もいます。

他の人に当てはまるわけじゃありません。

ですが、「夢がない」と言って脱力してる人や、将来にワクワクしていない若い世代に「こういう生き方があるぞ!」って伝えたくて書きました。

日本は世界的に見てもかなり恵まれている国なのに、若い世代が将来に夢を持てないような世の中になってると思うんですよ。

友達と話してて、現代は昔とは比べ物にならないほど選択肢が増えすぎて、逆に選べなくなってるんじゃないかって話も出ました。

なんとなくわかりますね。

でもやっぱそれって『何でもできる良い時代』ってことですよね。

もう選べないんだったら取り敢えず「やりたい!」と思ったこと全部やっちゃえばいいんじゃないですかね。

無気力状態でやりたくもないことを何十年もやるより比べ物にならないぐらい良いと思いますよ。

「現実見ろよ」とか言う人がいたら、「本心は羨ましいからひがんでるんだな~」ぐらいに思ってたらいいんじゃないですか(笑)

自分のやりたいように生きてる人って「現実見ろよ」とかって言いませんから(笑)

 

ボクの夢も人生もまだまだこれから。

この生き方がどういう結果を生み出すのかはわかりません。

ただ、今生きてるこの人生がメチャメチャ楽しいことは確か。

今を楽しめてるなら未来も楽しめる気しかしません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。