ゴミの山のガラクタじゃなくて宝の山の宝石を取れ

 

ヤバイね。

何がヤバイってこの本↓↓



高橋歩さんの『夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。

どうヤバイって0時に寝たのに4時半にオメメパッチリで目覚めて即ブログ書けるぐらいヤバイ。

興奮モード。

 

高橋歩さんといえば旅人として、自由人として有名ですよね。

自己啓発系とはちょっと違う気がするけど、読んだら魂が震えずにはいられないような本を多く執筆されてる。

本と言ってもほとんど名言集って感じかな。
見開きの片方のページに名言、もう片方のページにちょこっと解説。みたいな感じの本だからガンガン読み進められる。

なんというか高橋歩さんの言葉には完全なる自信と人間臭さみたいなものが現れていて、そこらの怪しい自己啓発系の人の「人聞きのイイ言葉」みたいなものとは全く違った印象がある。

今でこそ数社の社長をされてたりするけど、高橋さんが持ってるのは『情熱と根性と泥臭さ』って感じで、ただただ自分のやりたいことを全力でやってる子供のような人なんだと思う。

勝手な想像だけど高橋歩さんは頭の良い人ではないのかなと(笑)

すごい賢くてバリバリ仕事ができるってわけではなく、「やりたい!」ってことに全力を注いで失敗しながら根性と情熱でゴリゴリ前に進んでいく人って感じ。

難しいことは何も言ってない。とにかく集約すると

『やりたいことやれよ』

ってことを言い続けてるんだと思いました。

 

まだまだですが、ボクも生き方としては高橋歩さん寄り。

この本の3ページ目にスッゲー納得できることが書いてありました。

「オレに出来るかな?」
なんて考える以前に、何がやりたいか。
出来そうなことの中から探してるうちは、きっと何も見つからないぜ。


これはメチャメチャ共感しました。

夢は「できる・できない」で考えるものではなく、「やりたい・やりたくない」で考えて決めるもの。

できそうなことだったら既にやってるはず。

なぜそれを今やっていないのかは、それが自分にとって魅力的なことではないから

全く輝いていないから存在にも気づかない。

できることの中から夢を探すことは、ゴミの山からガラクタを一個取り出すようなもの。

なんの意味もない。

やりたいことの中から夢を探すことは、宝の山から宝石を一個取り出すようなもの。

それぐらい違うと思います。



【 サラリーマン = 社畜 】みたいに言う人もいるけど、会社という組織に所属しているサラリーマンじゃないとできないことがある。

だからその仕事がやりたくてやってる人は社畜ではなく、輝いているカッコイイ人だと思う。

ただ、本当は他にやりたいことがあるのに、出来るかわからない、怖いからといって誰にも言えず、行動ができず「この仕事がやりたいことです!」って嘘ついてる人もいるように思える。

『出来るかわからないけどやりたいこと』って慣れてない人は他人に言うことすら怖くてできないんだよね。

「夢語っておいて、もし出来なかったら恥ずかしいな…」とか思っちゃって。

もしそうなったとしても別に大したことないんだけどね(笑)

ボクなんてSNS上で宣言して、出来なかったこと、辞めたこととかいっぱいありますよ(笑)

「結局何がしたいの?」とか言われますからね(笑)

簡単ですよ。

人生を楽しみたい

です。

ボクは偉そうにも自分の人生を見てる視点が他の人よりも1段上だと思っているんですが(笑)、この視点で世界を見て生きていると面白そうなこと、やりたいことが腐るほど見つかるんですよ。

今よりもやりたいことを見つけちゃったらそっちに行っちゃう浮気症なんです(笑)

もちろんこんなんじゃいつまで経ってもなんの結果も残せないとは思っていますが、「浮気したくないほどやりたいことに出逢ってないだけ」とも言えるんですよ。

たかが25年弱、しかも狭い世界で生きてきたその中に『本当にやりたいこと』がなくてもおかしくない。

そう思ったりします。

 

まぁ本当にやりたいこともあるんですが、人生の設計図を考えて後回しにしてることもあります。

「今じゃなくても出来る」とか「むしろ後々やったほうがいい」とか考えて。

やりたいことが多すぎるから優先順位を考えてるって感じです。

一応最終地点は考えているので、フラフラしているようでも実は必要性があってやってたりします。

別にバカにされようとどうでもいい。

俺の人生設計図と生き方を侮るなかれ(笑)

スポンサード リンク


まぁゴチャゴチャ考えず

やりたい!

やる!


でいいんですよ。

どう生きようと自由なんだから。

自分が自由なんだってことに気づいたら人生の幸福度は跳ね上がります。

 

相変わらず書くのが遅いからもう太陽昇っちゃったよ(笑)

これから二度寝したって時間は進み、社会は廻り出す。

自分を社会にムリヤリ埋め込む必要はない。

人生は自由。どう生きてもいい。

そう思いますね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。