英語の “読み書き” と “話す” ことの違いに愕然とした話

 

気づけばフィリピンへの英語留学まで1ヶ月を切りました。

全く覚えていなかった英語も中学レベルなら復習で大体わかるようになりました。

受験サプリが本当に役に立った。

予備校講師のわかりやすい授業が1ヶ月980円で受け放題なんて最高ですよ。

↓↓こんな感じです。
無題4この人がボクがよく言ってる関先生。
メッチャお世話になってます。


次は高校レベルだ!と思っていたんですが、ちょっと計画を変更しようと思います。

ボクは工業高校卒なんですが、元々英語の授業が少なかったことと、英語の授業中はマンガ or 週刊プロレスを読むか、しりとりをする時間だったので高校レベルの英語力はほぼゼロなんです。

楽しい授業でした。

そんな状態から約3週間で高校レベルをガッチリ固めるのは厳しいと思うし、広く浅くよりも狭く深くの方がいいかもしれないと思い、高校で習う文法は軽く目を通すぐらいにして基礎を固めることに集中しようと思います。

 

そして単語と熟語。

ボク去年の11月に単語帳一冊(約1740語)を約1ヶ月で覚えます宣言をしたんですけど、12月の仕事が忙しすぎて途中で断念&そのまま忘れておりました(笑)

大体半分を覚えてたので、残り半分約900語をあと18日間で覚えてやろうと思います。

1日あたり50語になりますが、50語づつ覚えていくわけではなく、1日300語の3日間を6セット繰り返すという方法です。

関先生が教えている『短期間で膨大な量の単語を習得する方法』です。

一昨日からやってるんですけど、300語やるのにアホみたいに時間かかってます(笑)

スポンサード リンク


そしてスピーキングの練習も多少しておこうかと思います。

先日、文法はできるという大卒の友達が外国人バーに行ってみたら全然喋れなくて惨敗したという話を聞きました。

たぶん日本人のほとんどがこうなるんじゃないかなと思います。

英文の読み書きができても会話となると言葉が出てこないっていう状態。

ボクもそうだろうと思い、スピーキング力UPの為の本を買ってみました。

Amazonでかなり評判が良かったコチラの
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)


日本語の文を見て瞬時に英語にして喋るというトレーニングです。

CDがついていて

【 日本語 → (ポーズ) → 英語 】

と読み上げてくれるので、聞いた日本語をポーズ中に英語で喋り、英語を聞いて確認するという流れですが、ポーズは約3秒間です(笑)

「あの本はおもしろいですか?」など、文はとても簡単なんですが、いざ瞬時に英語で言おうとすると全然言えない…(笑)

That を This と間違えたり、疑問文なのに肯定文で言おうとしたり、 a や the を忘れたり、動詞の人称や時制を間違えたり…

ホントに愕然としました(笑)

言ってもボク中学の時は英語ほぼ100点だったんで、このぐらいの文なら難なく書けるし読めます。

読み書きと会話のように瞬時に話すことは、これほどまでに別物なんだと思い知らされました(笑)

英会話ができるようになりたいんだったら英語を話す練習をしないといけないんだということを強烈に実感。

いくら文法ができてもスムーズな会話はできない。

まぁそのための留学なんですが、超簡単なレベルの文だったら瞬時に言えるぐらいにはなってから行きたいです(笑)

 

・基礎固め
・単語熟語
・瞬間英作文


この3つを留学までにガッチリやっていこうと思います!

たった8週間、授業時間はトータル320時間ぐらいの留学なので、大きな成長は見込めないかもしれない。

それでもできるだけ学習効率を上げられるように勉強しておきます!

英語を学ぶならコチラの記事がオススメ!

英語を学ぶならコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。