I’m Walter.

 

『LIFE!』という映画のDVDを借りて見ました。

基本的に映画は2時間ぐらいあるから見続けるのがちょっと苦痛であまり見ません(笑)

でもたまに気になる作品がある。

『LIFE!』はその一つ。

名前からして『人生』がテーマなのかなと。

そういうテーマなら興味がある。

早速見ようとしたとき、ふと思った。

「英語音声&英語字幕で見るか?…」

英語音声&日本語字幕で映画を見たことはある。でも、字幕まで英語で見たことは一度もない。

全部英語にして内容が全く分からなかったら2時間がムダになる気がしてしまう…

ちょっと悩んだけど、チャレンジだと思ってやってみました!

 

結果…

 

字幕を見てても会話がドンドン流れていくからじっくり読んで理解する暇がない(笑)

こうなると文法とか勉強した意味が全くない(笑)

とにかく分かる単語だけ拾って、映像と照らし合わせながら会話の意味を推測しながら見ていきました。

そうすると、細かい部分は分からないこともありましたが、思っていたよりも理解できてる気がしました。

英会話もこの延長なんだろうなーと実感。

何言ってるか分からなくてもある程度推測しながら会話をしていく感じになるんだろう。

ただ、今回は字幕というツールがあってこそできたこと。

実際の会話では字幕なんて出るわけもなく、ヒアリングで単語を拾わないといけない。

ボク的にはココの壁がメチャクチャ高い(笑)

やっぱり見るよりも聞く方が何倍も難しい。

まず普通の会話スピードだとなかなか聞き取れない。

聞き取れたとしても意味を理解するまで時間がかかる。

ボクを含め、多分英語が苦手な人はみんな英語を聞いたら、一度頭の中で日本語に翻訳してから理解するっていう感じだと思う。

【英語を聞く→日本語に翻訳→理解】

間に日本語に翻訳っていうプロセスが入るから意味を理解するまで時間がかかり、会話が続かない。映画とかだと話がドンドン進むから置いて行かれる。

英語ができる人は『翻訳』のプロセスがないんじゃないかなと思ってます。

英語を聞いて理解できる。

例えば、ボクでも

I watched the movie.

とかの簡単な分なら瞬時に英語のままでも理解できる。

ただ、これが

The movie which is more famous than that one was interesting.

みたいな長い分になると日本語に翻訳して考えてしまう。

いや、これぐらいならそうでもないか?(笑)

あ、でもやっぱり会話の中だと分からない気がする(笑)

その前にこの文今思いつきで書いたけどあっているのだろうか…(笑)

「有名な映画の方が面白かったよ」的なニュアンスで書いたんだけど、間違ってたら教えてください(笑)

とにかく、ちょっと長くなったり複雑になったりすると瞬時に意味を理解できない。

この辺りはやっぱり慣れなんだろうか。

留学で覚醒できますように。(笑)

 

あ、『LIFE!』面白かったです(笑)

この映画海外では『The Secret Life of Walter Mitty』っていうみたいです。

Walter Mittyは主人公の名前なんだけど、調べたら

「自分を有能だと勘違いしている人、(実現性はないが)自分の成功を夢想する人」

っていう意味もあるみたい(笑)

原作は古いらしく、主人公がそんな奴だから「あいつウォルターミティだぜ」みたいな感じで同じような人を揶揄する表現になったんだろな(笑)

  • Walter Mitty dream
    平凡な人が見る夢
  • Walter Mitty fantasist
    (実現性のないことを夢見る)夢想家
だって(笑)

I’m Walter Mitty.

(笑)

英語を学ぶならコチラの記事がオススメ!

英語を学ぶならコチラ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。