世界は変わらないけど世界は変わる

 

やりたい事が無くてつまんない事が多かった時期があったけど。。
今はつまんなそうな事もやってみたらめちゃくちゃ楽しかったりする。。
今考えたらつまんなかったのは世の中じゃなくて、
楽しさを見つけらんなかったオレ自身だったんだなあ、と思うわ。。

はい。
百獣の王 武井壮名言第3弾です(笑)

これ共感するところがあるんですよねー。

前ブログに書いたのかな?Facebookに書いたのかな?どっちか忘れたけど、ある時期からそこらへんに生えてる雑草とかでも、よく見るとそこに美しさのようなものを感じるようになったんです。

色、形、質感、音、動き、そういった色んなものが素晴らしく感じるというか…

んー…(笑)

例えば雑草だとすると、その雑草が特別珍しい綺麗な色してるとかそういうわけじゃないんです。

そいつはそいつの色や形を持っていて、風を受けてなびいてる。

その様が素晴らしく感じる。

みたいな(笑)

いや、頭おかしくなったわけじゃないと思うんですけどね(笑)

上手く表現できない…(笑)

簡単に言うと『色んなものが芸術的に見えるようになった』って感じです(笑)

多分ボクの哲学的な思考も関係してるんでしょうし、なぜ、いつからそうなったのかっていう細かい部分は分からないんですけど、おそらく大雑把に言うと、「人生メチャクチャ楽しいな」って思ったことがキッカケだと思います。

心から人生の素晴らしさに気付いた時に、まるで世界がモノクロからカラーに変わったぐらい美しく見えるようになった。

世界が変わったわけじゃなくて自分の視点が変わったんですよね。

自分の視点が変わるだけでまるで別世界になるんですよ。

武井さんの言葉も基本は同じことを言ってるはず。

つまんないと思っていた世界は、自分がつまんないところしか見ていなかったから。

楽しいことに視点を合わせたことで見える世界は楽しい世界に変わった。

ってことだと思う。

ボクとあなたが見てる、生きてる世界は同じようで違う。

人それぞれ『自分の世界』が見えていて、そこに生きている。

どんな世界に生きるのかは自分自身が決めていることなんですね。

世界は変わらないんだけど、自分次第で自分が見てる世界は変わるんです。

ボクは『今ここに自分が存在している』ことがどれほどの奇跡で意味不明なことかを考えてたら人生が楽しくなってきます(笑)

瞑想しろとは言いませんけど、一度じっくりこの世界の存在について視野を広げて考えてみてください。

ワクワクしてくる…はず(笑)

俺だけ?(笑)

いや、

自分の人生が今ここにあるってだけで最高の気分だ。。。なんでもできる。 

って言う武井さんも俺と同じはず(笑)

ホント最高ですよ。

今日夕日見ながら同じこと考えてましたもん(笑)

黄昏てたら犬のフン踏んでましたけど…