人生を楽しむ

 

留学について調べてたら、「留学をフルに活かすには単語と文法はしっかり学んでから行った方が良い」という経験者のアドバイスがあった。

そこで、以前ブログに書いた「神田昌典先生のDVDを思い出したとき」と同じように、かなり前になんとなく見た『関正生』という予備校の先生の英語の授業のDVDを思い出した。

「見直さなくては!」と思い、再視聴。

この関先生、実は以前「今でしょ!」の林先生が講師をしている東進衛星予備校の講師をされていた方らしい。

林先生もそうだけど、やっぱり東進の講師は異常に教え方が上手いし、圧倒的な知識量を持ってる感じ。

マジで1時間半ほどのDVDで目から鱗がボロボロ落ちた。

中学高校と英語勉強して、中学では地元で「知ってる人は知っている」的な英語の塾にも通ってたけど、全く教え方が違う。というか、『英語』というものを見ている視点が違う感じ。

ホントに次元が違う。

ちなみに通ってた塾は小さな個人経営の塾なんだけど、そこに通ってたおかげで、学校のテストでは90点台以下は殆ど取ったことがなかった。むしろ100点か98点か、ぐらいな。

今ではもう覚えたこと忘れたけど(笑)

たぶん10人程度しか生徒はいなかったけど、皆そんな感じ。30点ぐらいしか取れてなかった人もその塾に入ってからは100点。みたいな。

そこの先生も教えるのが上手かったってのもあるけど、関先生と若干共通してるところは、『楽しさ』を大事にして授業をすることだと思う。

お菓子食べながらとか、途中ムダ話したりとか、ハロウィンやクリスマスは遊びながら英語の勉強するとかしてた。

そんだけゆるくて楽しくて良い成績取れるんだからすごいよね(笑)

関先生の授業はそういうのじゃなくて、『ザ・予備校』みたいなストイックな授業なんだけど、物凄く生徒の興味を引き、英語というものに関心を持たせ、自ら「学びたい!」と思わせるような感じ。

俺が行ってた塾の先生は『楽しい』って『状況』で教えてて、関先生は英語の奥深さを伝えることで英語の学習自体を『楽しい』と思わせる。みたいな。

授業のスタイルは全く逆なんだけど、どちらにも『楽しい』がある。

『学ぶ』ということに対して『楽しむ』というのが一番大事なんだと思うね。

学生のころを思い出すと、好きな授業って良い成績取れたよね。

「良い成績を取れる」から「その授業が好き」なんじゃなくて、
「その授業が好き」だから「良い成績を取れる」だよね。

学問の基礎はここに在り。

関先生の「奥深さを伝える授業」は、とにかく色んなことを知りたい自分にとってドストライクの授業だった。

やっぱり英語を学べば世界が広がるね。

地球の中の日本っていうちっちゃい島国でしか使われてない日本語だけしか知らないとやっぱり世界が狭くなる。

ダメだ(笑)
絶対に日本語しかわからないまま死んだら後悔する(笑)

英語だけに限らず、『語学』の重要性、楽しさが分かってきた。

哲学が好きで、究極に言えば「この世界を理解したい」という欲求がある自分にとって、言語を学ぶことはかなり有効な手段というか、Mustだと思うようになった。

のめりこんでいったら古代文字とかの勉強とかまでし始めそうだな(笑)

 

学生の頃、そこそこ英語ができても「海外に行きたい」とは思ってなかった。
特別英語が好きなわけでもなかった。

ところが、まぁ色んなことがあって、「世界一周したい!」っていう夢ができたことで、英語に対する姿勢が変わった。

『夢』を持つことで『学ぼう』っていう考えになった。

まぁ今はまだスタート段階だけど、俺の性格上それなりに英語は上達すると思う。

つまり、『夢』を持つことが自分を成長させるんだ。

これは今までの経験上間違っていないと言える。

「夢がない」って言う人、焦ったほうがいいよ。

いや、焦らなくてもいいけど(笑)

ただ、「夢がある」って言う人はどんどん成長して行くから。

これは貧富の差が激しくなって二極化することにモロに関わってくるはず。

まぁ成長する人と成長しない人を比べてどっちが上に行くかと考えたら当然のことだよね。

「今を楽しんで生きたいんだ!だから遊びまくる!」って考えは良く分かる。

一時期俺もそう考えてアホみたいに遊びまくってたから。

「今が大事」

うん。分かる。

でも俺はそれじゃ満足できなくなった。

「今も未来も大事」

「未来は『今』の連続でできている。だから今を楽しむことが未来を楽しむことになる」って考えがあって、以前は俺もそう思ってた。

でもちょっと違う気がした。

だって「今を楽しむんだ!」って言って、毎日遊びまくってたら将来どうなる?

絶対いつかシワ寄せが来るよね。

「学生時代もっと勉強しとけばよかった…」って言う人もいるし。

「未来は『今』の連続でできている。だから今を楽しむことが未来を楽しむことになる」って考えは正しくもあり、間違ってもあるんだよ。

この考えを持ってる人の『楽しみ方』によって正しいか間違ってるかが決まる。

『成長すること』が『楽しい』と思ってる人にとっては正しく、そう思ってない人にとっては間違った考えになる。

「勉強しないと幸せになれない」じゃないんだよね。

「勉強を楽しんでたら幸せになれた」みたいな。

もちろん『勉強』ってのは英語とか数学とかそういうものだけじゃない。「人との付き合い方」を学ぶのも勉強で、学校の成績が悪くても人に慕われて幸せな人もいる。

学校の成績が良いだけのやつを優秀だとか頭がいいとか幸せになるだろうとか全く思ってないから。

いや、「頭いいなー」とか思うけどね(笑)
でもそれとはちょっと違う(笑)

成功者は成長者」って言葉がある。

本当にその通りだと思う。

成長する姿勢なくして成功はないね。

 

たぶんボクのブログを読んでくれてる人は成長欲があって「頭のいい人」だと思います(笑)

そういう人向けに書いてるからね(笑)

読者さんの中には「やりたいことがあっても思うように行動できない」とかいう人もいるんじゃないかな?

ボクもまだまだチキンで行動できなかったりすることはいっぱいあるんですけど、それでもできるだけ前に前に進んでいきます。

様々なリーダー達から学ばせてもらって、引っ張ってもらって、今人生を最高に楽しんでいる自分がいます。

だからこそ、次は自分もリーダーとして人を引っ張っていけるような人間になりたいんです。

ボクは現在24歳で、社会人としては6年目。

収入を考えたら同級生の中では下のほうではないかと(笑)

でも人生の幸福度はかなり上位なはず。

思考が違うから。

このボクの思考を「すごい」って言ってくれる人がいますが、これは元々持っていたものではなく、学んで得たもの。

勉強のために色々セミナーとかに参加していますが、大体どこ行ってもボクが最年少ぐらい。

40代の人が多いのかなー?と。

つまりですよ?

多くの人が40代で学んでいることをボクは20代で学んでいるわけで、40代の人よりもボクはあと20年ぐらい多く成長できる時間があるわけです。

ボクが「すごい」って言われる思考になったのはここ2~3年での変化。

この変化をボクは成長だと思っています。

で、成長って一定の速度じゃないんですよ。

成長するたびに吸収率が上がっていくから、やればやるほど加速度的に上がっていくものだと思うんです。

じゃあボクが40代になった時はどんだけ成長しているんだよ!と(笑)

自分自身楽しみ(笑)

『今』を見れば転職繰り返したり、よく分からんことやって失敗したりしてる低収入のやつかもしれませんけど、人生を長期で見ればボクはいずれ爆発的に上に上がるんじゃないかと(笑)

自惚れてるわけじゃないんですけどね(笑)

ボクは基本的に同級生や下は見ていません。自分よりも圧倒的に優れたことをしている方々と接して、劣等感を感じています(笑)

ただ、劣等感を感じるだけじゃなくて、「負けてられない!」って奮起し、そしてその人たちから学んでいます。

ボク負けるの嫌なんですよ(笑)
相手がどこぞの社長さんでも(笑)

自分もその域に到達できる人間だと思っているので(笑)

まぁ自分だけじゃなく、誰しもそうだと思ってるんですけど。

最終的には「やるかやらないか」だけの違いだと思うんで。

「すごい」って言ってもらえるこの思考ですが、ボク学生時代はそれなりに成績良かったんで、「あいつは元々できるから…」みたいに思われることがあるんですが、それは違う(笑)

学生の頃のボクのマインドはクソでしたから(笑)

ただ後から学んだだけ。

もっといい人生送りたくて。

いい人生を得られるんだから、学ぶことは楽しいことで、苦痛はない。

いい人生を送りたいのは万人共通のニーズ。

だから誰でもボク程度の思考にはなれるわけです(笑)

もちろんボクなんかカスなぐらいもっと凄い思考と実力を持ってる人はクソほどいるんですけどね(笑)

だからボクはそこを目指しますし、そこに到達できると思っています。

謙遜は大事で、日本では美徳とされますが、自信を持つところは自信を持とう。と。

たぶん他人よりも自分の方がここ最近の自分の変化の度合いが分かってますからね。

自分に自信持ってますよ。

 

 

なんか長くなったな…昨日なんか超短かったのに(笑)

長文を読んでいただきありがとうございました(笑)

とにかく!

人生を楽しみましょう!

英語を学ぶならコチラの記事がオススメ!

英語を学ぶならコチラ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。