一歩踏み出す

 

『PRESIDENT』

経営者層を中心読者としたビジネス総合誌。質の高いビジネス情報は勿論、「自身の資質研磨」のための情報やライフスタイルまで幅広く取り上げており、現代の悩めるビジネスリーダーの「問題解決のバイブル」として人気。


らしい。

コンビニで見つけて初めて買ってみた。

やっぱり「経営者層を中心読者としたビジネス総合誌」と言うだけあって書いてあることが難しい。

何割理解できているのか…(笑)

でもやっぱ勉強になるねー。

創刊は1963年。ボクが生まれるずっと前から売ってあった。

24年半の人生の中でコンビニにも本屋にも数えきれないぐらい行ってる。

でも、『PRESIDENT』という雑誌の存在に気付いたのはつい最近。

ビジネスや経営などに関してのスコトーマが外れたんだろうね。

自分の中で「ビジネス」や「経営」が重要なカテゴリに入ったってことか。

まぁ今回買ったPRESIDENTは表紙に「心理学」っていう単語が書いてあったからってのもあるかも。

心理学には興味関心がありますので。

定価690円の雑誌だけどさ、これを買うのに若干の抵抗があったのよね。

「俺が読むレベルの本ではない」「難しそう」ってのがあったから。

たった690円の雑誌を買うのにも心理的な抵抗がある。

この雑誌を読むことはコンフォートゾーン(自分の安全領域)の外だってことだよね。

でもまぁ今回は心理学についての記事もあるみたいだし、ちょっと背伸びして買ってみようかなと思って買った。

読んでみるとやっぱり難しいんだけど、やっぱり勉強になる。

コンフォートゾーンの中にばかりいても大きな学びは無い。大きな学びを得たいのであればコンフォートゾーンから一歩踏み出して未知の世界に出会う、経験するってことが大事なんだなーと実感。

今、海外にメチャクチャ行きたいんだけど、俺にとって言葉の通じない、分からない海外に行くことって完っ全にコンフォートゾーンの外なのよね(笑)

海外とか不安ハンパない(笑)

でも俺100%海外行くと思うんだ。

不安はあるけど、ワクワクもデカいし、自分の中の成長のニーズ、自己重要感のニーズが満たせそうだし、逆にもし死ぬまで海外に行かなかったとしたら絶対後悔するのが分かってるし、「行きたい!やりたい!」って感情より、不安や恐怖が強くてビビった結果行かなかったりしたら、それこそ後々に「なさけない!」っていう耐えがたい苦痛を味わうのが分かってるから。

やっぱり「苦痛」の感情も大事だね。

人間本気で行動を始めるのは「快楽」よりも「苦痛」の影響が大きい。

苦痛を避けるために動く。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。