メメント・モリ

 

仕事から帰ってきてTVをつけたら、スティーブ・ジョブズの生涯についての話があってた。

その中で、『伝説のスピーチ』と言われる、2005年にスタンフォード大学の卒業式でジョブズが行ったスピーチについての話があった。

そのスピーチの中で、ジョブズは

毎日を人生最後の日だと思って生きよう

という話をしていました。

そこで、昔知ったある言葉を思い出しました。

メメント・モリ(Memento Mori)

死を想え」「自分が必ず死ぬことを忘れるな」という意味で、ヨーロッパ中世末期にさかんに使われたラテン語の宗教用語です。

津波で亡くなった方々は「今日自分が死ぬ」ということを考えていただろうか?

交通事故で亡くなった方はどうだろうか?

多くの人は自分が死ぬなんて想像つかないから、「いつか死ぬ」ということを忘れている。

分かっているようで分かっていない。

自分もそう。

「死ぬ」ということを忘れがち。

毎朝死ぬことを考えよう。

今日が最後の日だと思って生きよう。

やりたいことをやる。

「生活できてるし、好きでもないけど、この仕事やってればいいや。」

「俺は平凡な人間だから程々の人生でいいや。」

これは妥協でしかない。

妥協の人生では何も成し遂げられない。
何も残せない。

1度きりの人生がそんなものであってはならない。

メメント・モリ

死を忘れるな。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。