イメージ

 

今朝ベンチプレスをしていたら死にかけました。

5回目ぐらいからしんどくなってきて、6、7と頑張ってたけど、一瞬脳裏に「潰れる姿」が思い浮かんだ。

すると、耐えきれなくなり、潰れた。

しかもセーフティーバーを横に置いてたのに、位置が悪くて機能せず、バーベルが胸に圧し掛かる。

経験ある人は分かると思うけど、潰れた状態から持ち上げるのはほぼ不可能。

ただ、家には誰もいないし横に落とそうものなら床に穴が開くか、横にあるガラス窓が割れて母上に殺される(笑)

なんとかセーフティーバーまで上げました。

あの時少しでも力が抜けたり、滑ったりしたら首に落ちて死んでたかも(笑)

で、少し休憩の後、重量はそのままで再チャレンジ。

今回はやる前に8回上げきる姿をイメージしてからチャレンジ。

すると、苦しい場面がありながらも8回達成。

1回目で出来なかったのに、体力を消耗した状態の2回目で出来た。

イメージって大事だなー。

と、思っていたら、昔聞いたある話を思い出しました。

1984年のロス五輪で金メダルを取った元体操選手の具志堅幸司氏の話。

具志堅氏はアキレス腱断裂で3ヶ月間入院している間に、上半身のトレーニングとイメージトレーニングを繰り返し、退院直後の練習でそれまで一度も成功しなかった技を成功させたそうです。

如何に『イメージ』の力が強いか分かる話ですね。

 

今ちょっと具志堅氏について調べて見たんですが、メンタルを強化するために心理学を学んだり、競技の前には上手くいくように呪文を唱えていたそうです。

ちょっと具志堅氏に興味がわきました。

呪文 好きです(笑)

毎朝水垢離しながら光明真言唱えてますので。

オン アボキャ ベイロシャノウ マカボダラ

マニハンドマ ジンバラ ハラバリタヤ ウン

梵語(サンスクリット)の真言(マントラ)です。



 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。