捉え方で得るものは違う

 

ボクは毎朝水シャワーを頭から浴びながら『般若心経』というお経を唱えます。

「何のために唱えてるの?」と聞かれると、最初は

「なんとなく」

って感じでしたね。

「なんとなくやってみたい」
「なんとなくカッコイイ」
「なんとなく良いことありそう」

そんな感じです。

やってみたら分かるだろうと思ってやってみました。

 

「毎朝お経唱えてるんだ。」って言うと

「え?w大丈夫?w病んでるの?w」って言う人がいます。

【読経する人=病んでる人】

みたいなイメージがあるんでしょうね。
まぁその感覚も分かります。

でも違うんだなー。

病んでるから、悩んでるから読経するんじゃないんだよ。

人生をより良くするためにやってるんだ。

なんとなくで始めてみたけど、やってみると効果を感じる。

まぁプラシーボ効果かなーとも思いますけどね。

ボクが読経で得ているものは

・落ち着き
・空(くう)の思想
・心身の浄化
・やる気

などなどですが、本来こういうものを得るためにやるものかどうかは知らないんで。

違ったとしても、自分はそれを得ているんだから問題ない。

なんでもそうだけど、信じるから効果が出るんだよ。

幽霊の存在を信じる人は廃墟が怖いし、幽霊が見えるかもしれない。
信じない人は怖くないし、見えない。

そんなもん。

人間の感覚なんて結構いい加減。

自分自身がどう捉えるかで現れる効果は違うんだから。

だからさ、「俺得してるなー」と思うわけですよ。

「読経すれば様々なメリット、良いことがある」と思えるんだもん。

だから本当に良いことがあるんだよね。

信じて、やってみたらいいんですよ。

病んでると思われる?
変な奴だと思われる?

べつにいいじゃん。

意味のない他人の評価ばっか気にしてるから生き辛いんだよ。

バカにされたら笑い飛ばすか自虐ネタにして笑いを取ったらいいじゃん。

と、思ったけどそれすらできないほど器が小さい、心に余裕がない人って結構多いね。

なんでも楽しめばいいのに。

人生楽しんだもの勝ち!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。