リミティングビリーフ

 

小象は足に鎖を巻いて杭に繋いで育てると、杭を簡単に抜ける巨象になっても抜こうとすることはないそうです。

なぜか。

それは、子供の時にどうしても杭が抜けなかったから、「杭は抜けないもの」という風に思い込み、大人になってからもその思い込みが根付いているからです。

これを『リミティングビリーフ』と言います。

物の見方や考え方、感じ方を制限する「思い込み」や「固定観念」のことです。

リミティングビリーフはボクら人間でも多くの人が持っているように思います。

「私は一般人だ。お金持ちにはなれない。」
のようなものを。

あなたが「できない」と思っていることは何でしょうか?

それは本当に「できない」ことですか?

もしかしたら間違った思い込み、ただの勘違いかもしれません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。